「鹿鳴春」の酢豚

a0279234_14415145.jpg

以前、書いたような気もしますが、
わたしは、中華料理というのがどうも苦手です。


日本にある中華はことごとく避けたまま、
それでも「絶品!」とうなったのは
四川飯店の麻婆豆腐以降、なかったりするのですが。


瀋陽で暮らした2年間、「おいしい!絶句!」
という経験をしたのは、片手で数えるほどの経験しかありません。



そのひとつにあるのが、「鹿鳴春」(ルーミンチュン)。
1929年創業で、蒋介石や張学良、溥儀など、
要人・著名人が利用していたお店として、
いまも存在感ありまくりの高級中華料理店です。


「地球の歩き方」にも当然のっているので
知ってはいたのですが、行くにはちょっと敷居が高い。
(お値段的にも)


ですから、日本人妻の友人に誘われるまで
行くチャンスがありませんでした。


始めて訪れたその日。

黄金の店内に、きらびやかな個室。
接客にも、愛想はないものの、丁寧だしきめ細かい。


特色は「シカ肉」を使ったお料理だそうですが、
私はそういうのはいいんです、
普通の、麻婆豆腐みたいなのでいいんです、
と思っていたら、
同席していた日本人妻の友人にすすめられたのが、
冒頭の写真・「酢豚」でした。


正確には、酢豚、ではないね。

味付けは酢豚にほぼ近いのですが、
カラッと上がった薄切りの豚肉が、
あの甘ずっぱいソースにからんでいる、
東北では定番の「酢豚」(私はそう呼んでいる)です。


んでね、これがものすごく、美味しかったのです。


豚肉についた衣のさくっとした食感、
ソースのさわやかさ、
ひとさら3、4人分というけど全部わたしの!
って言ってしまいたいくらい、おいしいのです。


そんで、これを経験してから、
私はことあるごとに


「ああ、鹿鳴春の酢豚が食べたい・・・・」


とわざとらしく、言うようになりました。




瀋陽人(一般の)にとれば、
わざわざ「鹿鳴春」でごはんを食べる、
なんて、ありえないことです。


あんな高級料理店に高いお金払っていたら
酒がたくさん飲めないじゃないか!


っていう感覚でしょうか(少なくとも夫は)


もっと言えば、


なんで俺が、溥儀が来た店でご飯食べるの?


というのに、近いんでしょうか。
(まったく興味も接点も見出せない、という)



私たちの周辺にいる中国人の友人が

「ねえねえ、今度、鹿鳴春でごはん食べない?」

なんて選択肢をあげてくること、
あまりに「意味がない」「合理的でもない」。


そんな店に行きたがる妻を、家族は


「ああ、日本人妻はこれだからしょうがないよ」


と、あきれていたに違いありません。


けれども、私は

「鹿鳴春の酢豚」

を知ってしまった。


たしかに高級であるけれども
(3、4皿頼めば、300元/6000円はゆうに超える)、
決して手が届かないわけじゃないこのお店に、
ものすごく惹かれていきました。



夫もしぶしぶだったでしょう。
刷りこみの効果もあったでしょう。


夫にも興味が出てきたのか、
この夏の帰国のときにやっと
家族といっしょに、連れて行ってくれたのでした。


案内された、絢爛豪華な個室。


が、あまりにも不釣り合いだし、窮屈だったので、
十一経路が見えるガラス張りの
小さなオープンテーブル席に移動させてもらいました。


どことなく、緊張しているような義母。
はしゃいでいるような、義姉の娘。
もちろん、皆ここで食事をするのは初めてのことです。


やってきた、相変わらず愛想はないけど、
丁寧な接客を見せるスタッフに、
すかさず、酢豚を注文します。


ほかに、スープや、海老の炒め物、
鳥肉とじゃがいものの煮物・・・


どれも、どこの料理店にもある家庭料理のメニューばかり(苦笑)


そして、念願のこの酢豚が目の前にやってきたとき!

ほぼ2年ぶりの、酢豚が目の前に!

しぶしぶついてきてくれて、ありがとう皆さん!

と感動し、口に入れたのもつかの間。


・・・

・・・


あれ?

なんか、・・・・

・・・

前のほうが、おいしかった?

・・・・・・・・・。



老舗の高級料理店でも、
往々にしてこういうことが起きる。


同席の家族は、「あんなに騒いでたわりに、
大したことないじゃないか」と沈んでいる。


「味が落ちた」なんて、信じたくないけど、
これが、素直な食後の感想です。


(ちなみに、2015年8月現在の出来事です。
また変化していくのかもしれない期待を込めて)



国際恋愛・結婚 ブログランキングへ



by tania0418 | 2015-10-29 15:28 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inshenyang.exblog.jp/tb/21785026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

穏やかな幸せのひとときで..
by toribetosi at 23:32
ほんと整っちゃってますね..
by ビルカーベ清水 at 21:23
またまた登場させてもらっ..
by ビルカーベ清水 at 21:17
> ayachimaさ..
by tania0418 at 00:05
こんにちは! 私も8月..
by ayachima at 11:43
お返事とっても嬉しいです..
by toribetosi at 08:02
こんばんは 大阪には 瀋..
by 孔令宇 at 21:25
> 孔令宇さん コメン..
by tania0418 at 09:51
> Megさん やっぱ..
by tania0418 at 00:33
上海人らしい、美しさと自..
by tania0418 at 00:29

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧