新学期スタート!

もう9月が始まってしまった。


娘の幼稚園も、今日から新学期、
というのか、新カリキュラムがスタート。


いつのまにか、娘を2年みてくれた
リー先生は転園してしまっていて、
そのあっさり具合にもちょっと肩すかしをくらったのですが、
なにはともあれ、今日から「学前班」という、
小学校入学のための、お昼寝なし、勉強メインのクラスに
なっているはずです。


忘れないうちに、学費760元プラス給食代プラス教材代、
しめて1000元ちょいを支払わなければ・・・

なんかじわじわ、学費もあがってるんだよなあ。
大したことしてないはずなのに。



娘が、地元の、超ローカル幼稚園へ通うように
なって、ずばり、2年がすぎました。


初日を思い出すと、今も泣けてくるのですが、
今ではリュックを背負い、げた箱の前で
後ろを振り返らずに自分で階段を上っていく
ほどになりました。


言葉もわからない、
外国人もひとりもいない、
先生は激しく怒る、
というあたらしい環境で、時には思いっきり
さぼりながら、なんとか通いつめてみれば。


今もお世話になっているこの幼稚園が
いいかどうか、好きかどうかはおいといて。


私は、これでよかったな、って思います。



というわけで、中国の新学年は9月から
スタートするんですね。


4月始まりの日本より、半年はやいスタート
と考えていいと思います。


娘の学年でいえば、
2007年9月から2008年8月
までに生まれた子どもたちが同窓生になるわけですが、
娘のように、2008年の7月やら8月やら、
学年末や夏休み期間に誕生日を迎える子どもたちは、
わざと進学を1学年遅らせるケースが、
多々、あります。
その逆も、もちろんあります。


何を隠そう、娘もそうです。


この9月で小学校へ入学してもよい学年だったのですが、
わざと学年を落としてスタートしました。


1年前に「学前班」に入っても、
中国語のピンインもわからないし、
二桁の計算もできないでしょう、
という校長の判断もありました。


そりゃそうだなあ、とゆれる親心。


ところがそのクラスにはいってみると、
娘と同じ年の子どももいることにはいるが、
ほとんどが1歳年下、なわけで、なんだか
心もとないんですね。


4歳になるのに、2,3歳の子どもたちと一緒に
過ごす(遊んだり、やりとりしたり)のって、
環境的に大丈夫なのかな、
娘にしたら物足りないんじゃないかな、と心配になり、
改めて、いまはなきリー先生に相談したところ。


「どっちでもいいですよ」


とのことでした。


つまりまあ、自分が選べば、なんでもよかったんです。


私は結局、勝手にいろいろ心配したけれども、
最後は本人によく確認して、
すでに馴染んでいるようでもあった1学年下からのスタートで
続けることにしました。


面白いですね。


中国では、子どもの進学については、
いわゆる親の都合ががっつりからんでいるように
思います。


日本でもある程度そうなのでしょうが、
ここでは「一億総中流」みたいなことはありませんから、
「7歳でみんな一斉に小学校!」
みたいなことも、もちろんありませんし、
地域や親の都合によって、ぜんぜん違うようです。



基本的には子どもを、
できるだけ、レベル(学業メイン)の高い小学校に入れたいと
思っています。


そのために、引っ越す、その近くに別の家を借りる、
などをする親も、増えています。


あるいは、教育を受けさせるのがせいいっぱいで、
経済的な問題から進学を1~2年遅らせる場合も
あります。


この間、同じマンション区内で知り合った子どもは、
あきらかに図体は11歳なのですが、
いま小学校3年生をやっている、と言っていました。


それには、夫も多少驚いていて、

「遅らせるにしても、2年が限度だと思う」

と言っていましたけれども。


親の都合や環境だけが要因で、
子どもの将来が決まるとは私は決して思わないけれども、
この国の親世代は、その幻想によって突き動かされている、
という気配がムンムンします。



先日、
娘と同じクラスだった何人かが
すでに「学前半」をうけずに退園し、
この9月から小学校へ入学したことをききました。


別に、もう一年通う必要もないんだねえ・・・


ほんとうに、ケースバイケース、いろいろです。


幼稚園っていうことも大いにあるけれど、
組織がこうだから、ああだからといって、
従順に従う必要ないのだ。


そんな中国の教育制度の一面を知ってみれば、
なんだか、親としての責任感も増すような気がします。


こんだけ地域格差があれば、
できるだけ子どもにふさわしいところを探したいという、
教育熱が高まるのもわかる気がするし、
返ってわたし、これでよかったんであろうか、
とふと思ったりもする。


あの子も英語を習い始めたけど、
うちはどうしようか、と思ったり。


中国語もいまいちなうえ、
日本語もかなりいまいちになってるけど
やっぱり公文かな、とか。


いろいろ、親らしく果てしなく悩んだりもしますが、
私は結局、”優秀な人間”、なんて学校みたいな制度で
うまれるわけがないと思っているほうだから、
中国の教育熱もたいへん冷やかに眺めています。


「そんな、人生甘くないよっ!」


って、高校時代の担任にはこっぴどく怒られたけれど、
もう古いと思うよ、そんな時代は、
という価値観に支えられています(笑)



それは、
結果的に何が子どもにとっていいかなんて、
親には、本当にはわからないよなあ、ということであって、
さらに言い換えれば、それは
「あなたには絶対コレッ!」って言えない、
自分の親としての自信のなさでもあるのかもなあ、って思う
9月1日です。

a0279234_12454190.jpg
a0279234_12463129.jpg
鉄西ワンダの広場前に、またこんな物珍しい乗り物。
電気で動くのでうるさくないし、
ふわふわと揺れながら前進するので、なんだか
楽しそうに見えた。

しかし、5分で20元(約300円)。
5分がきたら自動的に停止したけれど、
この価格設定はあんまりじゃないかなあ。




by tania0418 | 2014-09-01 13:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inshenyang.exblog.jp/tb/20155135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

> toribetos..
by tania0418 at 17:21
> よしのみどりさん ..
by tania0418 at 17:17
瀋陽出身の友だちがいるの..
by よしのみどり at 13:44
穏やかな幸せのひとときで..
by toribetosi at 23:32
ほんと整っちゃってますね..
by ビルカーベ清水 at 21:23
またまた登場させてもらっ..
by ビルカーベ清水 at 21:17
> ayachimaさ..
by tania0418 at 00:05
こんにちは! 私も8月..
by ayachima at 11:43
お返事とっても嬉しいです..
by toribetosi at 08:02
こんばんは 大阪には 瀋..
by 孔令宇 at 21:25

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧