久しぶりに夫にキレる

夫の来日が近くなると、

必ず「これ日本でいくらかしらべて」

という微信が続く。


お土産の下調べである。

お土産といっても、買い取ってもらう代購のほう。

でも、今日ばっかりは

私の精神的コンディションが底辺だったため

内容にプチッときた。

なんで60万もするスイス製の腕時計の買い物に

私たちが付き合なきゃいけないわけ。



夫としては、

中国的にいろいろ考えてのことなんだろうけど

そういうの、もういいかげんにしてほしい。

だって、近年は毎回こんな感じ。

カルティエの指輪、

SKⅡの化粧品一式、

スイス製腕時計。


それらを私の移動や夫の移動に合わせて、

やんややんやと依頼してくる「お客さん」って誰? 

調子にのんなよ、というセリフが脳内で響いて

ショップリストといっしょに

おもいっきしイヤミを添えて送信。



まあ、こんな依頼はいつものことなんだけど

今日はなぜか

許し難かった

という日記のような、

メモ書きのような。


[PR]
# by tania0418 | 2018-05-14 23:54 | Trackback | Comments(2)

もうひとつの夢ができた

ゴールデンウィーク!

こちらは特に予定もなく、

たまっている執筆に時間を差し出すつもりです。

瀋陽からは約半年、遠ざかっています。

a0279234_12370876.jpg
(写真は、「ビルカーベ」さんからお預かりした商品)


さて、愛媛県の小さな町で展開した

CHINA BOOK FAIRにご来場くださった方

気にかけてくださった方

出店に力を貸してくださった方

すべてのみなさまに

心からお礼申し上げます!

本当に、本物に、ありがとうございました!


一番の収穫はですね、

やってみればできるもんだ、

という、実感です。


こうやって、小さくてもひとつずつ

行動に移してみる、

そのプロセスにワクワクドキドキしてみる

って

これ以上の価値ないね、人生に!


本も、ぼちぼち売れている?様子です。

わたしの窺い知れないところで

手にとってくださっているみなさま、

本当にありがとうございます。



わたしには、このイベントを通して

ひとつの夢ができました。


もしかしたら、何回も言うとるやつ

やるやる詐欺になっとるやつかもしれんけど、

もう一回言う。


瀋陽に、

日本と中国がつながる

ソーシャルカフェを作ります。



♡♡♡


瀋陽で暮らす日本人の憩いの場になったらいい。

日本のことを知りたい若者も

どんどん来てほしい。

わたしの活動のひとつにしている

子ども向けの作文教室とかもそこでやっちゃう。

国を問わず、

スキルや知識を持っている人が

スキルを提供できたり、

日中を超えて繋がりたい人が

いいご縁に恵まれたり、


そんなの中国では無理だよと

見ず知らずの誰に何回言われようとも



完全に無視して。



大好きな、お気に入りの

コーヒーの香りが充満する

めっちゃ回転の悪い店を作るゾ!!!


✨✨✨✨✨✨✨✨



これは、結構ホンキです。

もう夫にも相談した。

そしたら帰ってこいと言われた笑



がんばります。

ワクワクする〜



[PR]
# by tania0418 | 2018-05-01 12:36 | Trackback | Comments(2)

自力でCHINA BOOK FAIR! 開催中

「中国的今を生きる生活」
出版を記念してイベント開催中!です!


【CHINA BOOK FAIR!】
2018.4/2〜4/20  10:00〜18:00
※木曜、日曜定休

愛媛県西条市
コミュニティスペース「まちでこ」にて


●書肆侃侃房さんから、中国関連本入荷!

●「ビルカーベ」さんからは
中国レトロ雑貨各種ならんでます♡

会期中、お花が開くジャスミン茶をどうぞ。1杯250円。これ飲みやすくて美味しい!
a0279234_00572039.jpg
そのほかいろいろ。
a0279234_00595559.jpg

a0279234_01001294.jpg
a0279234_01012127.jpg


Facebookにて随時更新中♡
電子書籍も発売になりました!!!



[PR]
# by tania0418 | 2018-04-14 00:48 | Trackback | Comments(0)

大人の読書感想文が届きました!

『中国的「今を生きる」生活。』を

お読みくださった皆様、ほんとうに

ほんとうに、ありがとうございます!!


購入していただける以上にびっくりなのは、

感想を伝えてくださる方々がたくさんいること!


それも、私が意図した以上のことを

感じてくださっていて、

それがもうほんとうに嬉しくて、

おそるおそる踏み出した私の背中を、

みなさんに押してもらっているようです。


出すまではとても怖かったですけど、

やっぱり、本にしてよかった。



今日は、中でも感激してしまった

こちらの感想をシェアさせてください。



この彼女は、感想文をわざわざ印刷して

私のところに届けてくださいました。

こんなことってあるでしょうか!



直接お会いしたときは

照れくささもあってじっくり読めなかったのですが、

うちに帰って読み返してみたら

涙がでました。



私も、同じです。

彼女と同じ気持ちがあったからこそ、

書けたのだと思います。


====================

10年前の中国一人旅の想い出は最悪だった。

異文化に、体は縮こまってしまい、挙句の果てに帰国前夜にひどくお腹をくだした。ユースホステルの不衛生な共有トイレの中で、もう二度とここには来ないと誓った。

高田さんの著書『中国的「今を生きる」生活。』は、そんな私に、あの旅の続きを見せてくれた気がした。

雲南省麗江にある観光客で賑わう有名な食堂は、人々が円卓に腰かけ、あちこちで賑やかな声が響いていた。カウンター席も八宝菜定食も存在しない。中国での外食は、孤独な一人旅にハードルが高かった。

最終日に同じ部屋の宿泊客に「みなで食事に行かないか?」と誘われた。体調不良で断ったけど。

もし、あの時、応じていたらと想像する。

平気でぼったくられた。言葉のイントネーションが恐かった。大きい声で喧嘩のように会話し、「あー?」とやくざの様な相槌。人々はあちこちで唾を吐き、子どもはお尻丸出しで走り回っていた。まるで理解ができなかった。

「中国なんて国は・・・」見切りをつけることは簡単だ。だけど、高田さんは一貫して、そうせざるを得ない彼らの環境を想像し、理由を見つけ、そして認める。
例え、相手が、物乞いでも。ぼったくりでも。

著者を通してみる中国に悪意は存在しない。ただ、各々がこの国で生きていくための術を身につけただけだ。

お金を得ることが最大の幸せだと言いきれる潔さに、羨ましささえ覚えてしまった。

読み終える頃には、私を心配し病院まで付き添ってくれた中国人の優しさを、隣のベッドで手を振ってくれたかわいらしい女の子の顔を思い出していた。

===============


a0279234_22301938.jpg

消化不良な気持ちのまま

中国理解不能に陥っている方に

本書がお役に立てますように。




※ご本人の許可を得て掲載しています。

[PR]
# by tania0418 | 2018-03-28 22:10 | Trackback | Comments(0)

合わせて読みたい、瀋陽の写真集!

そもそも拙書「中国的今を生きる生活」は、

リアルな中国、中国人の考え方みたいなのを

なーんもわかってなかった日本人妻の目線で

まとめたものです。

それを知っておくだけで、

中国での暮らしや中国人と付き合わざるを得ない方、

日本における中国理解が少しでも

進むといいなあと思ったのが

よっしゃ書くぞ、と決意したきっかけです。




「瀋陽って都会なんですか」

って死ぬほど聞かれるんだけど、

なんと答えたらよいかわからない。

人口800万、

生活に不便はないし、

都会といえば都会だし、

かといってそうとも言い切れないところも。

そんな、地方都市ならではの、

カオスっぷりを

活字で伝えてみたかったです。

うまくいっているかどうか。





この春の帰国の時、

瀋陽をとうとう離れてしまうという、

5年来のお友達から、

貴重な写真集をいただきました。


ジャジャーン。こちら。
a0279234_11575942.jpg
タイトルが見えづらい。。

写真集「SHENYANG」

ダイナミックな写真と

英語、中国語の短いテキストで構成される

150ページを超える大作です。

お値段いくらだっけ?200元?

レアです。

a0279234_16532175.jpg
a0279234_16534888.jpg
a0279234_16544086.jpg

a0279234_16545194.jpg


発行元は

瀋陽にある国際ボランティア団体

The International Club of Shenyang ; ICS。

ICSでは欧米を中心に

瀋陽で暮らす有志のみなさんによって

活動するボランティアグループで、

だいぶ瀋陽に感化された欧米の方々が

こうした面白い活動を積極的にされているそう。



本書の製作にあたっては

カメラマン、執筆、スポンサー探しを

すべてメンバーがこなし

完成させたそうです。すごい!!

カメラマンさんアマチュアだそうですが

瀋陽生活者ならではの視点が感じられる写真が

たっくさんある!

素晴らしいなと思いました。



ちょうど、わたしが瀋陽を離れたくらいから

ここ最近のバブルっぷりを

格差とカオスとともに切り取ってくれていて

もはや、時代を感じます。



この作品、ICSを通して購入できるそう。

瀋陽在住の方に限られると思うのですが、

詳しくは、ICSにお問い合わせしてみてください。

購入代金は、団体の活動資金、

ずっと支援している孤児院への寄付

にもなるそうです!

ICS 公式ホームページ↓


わたしの本を読んでから(ここ大事!)、

この写真集を開くと

瀋陽のけたたましい騒音と

人間の息遣いが聞こえてくるよ。


いるのは「中国人」ではなくてね、

息をして、汗をかいて、だましだされ

生きている人間なんだってのが

伝わってくると思います。


ちょっと高いけど、

これから瀋陽で時間を過ごすという方には

おすすめです。

a0279234_16570295.jpg


「中国的今を生きる生活」発売中!
a0279234_10431076.jpg

アマゾンはこちら!


[PR]
# by tania0418 | 2018-03-08 16:39 | Trackback | Comments(7)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

> りえこさん わかっ..
by tania0418 at 21:36
わかります 笑。悪気はな..
by りえこ at 22:14
> hisashiさん..
by tania0418 at 23:54
瀋陽で暮らす方々、面白い..
by tania0418 at 23:52
このGW、瀋陽へ行ってき..
by ayachima at 09:40
はじめまして、 お父様..
by hisashi at 18:25
> 恭子ちゃん! ご購..
by tania0418 at 23:31
> のりママさん あり..
by tania0418 at 23:28
> のりママさん あり..
by tania0418 at 23:27
Akiさん、コメントあり..
by tania0418 at 23:23

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧