野菜・くだものがおいしくなる粉末

中国はくだもの・野菜がやすい。


食べたことのない大きさのきゅうりやなす、いんげん。
香菜はこちらの料理にはなくてはならないお野菜は
どこにいっても日本のか細い束の、5倍くらいはある量で
売られています。


くだもの屋さんに行けば、旬のりんごやナシ、
巨峰サイズのぶどうが、店いっぱい、トラックいっぱい
あふれんばかりに並べられ、そしてとにかく安い。
あざやかな暖色を眺めるだけでも楽しい気分になれる風景です。


しかし。

これだけたくさんの農作物を
収穫できてしまう大陸の豊饒性に感謝する一方で、
別の思いもまた、脳裏をよぎります。


農薬、たっぷりなんだろうなあ・・・

化学肥料、満タンなんだろうなあ・・・



食の安全が叫ばれて久しい中国。

スーパーや市場、そこらへん(道端)で
売られている食べ物たちが、
いったいどういう環境で、どんなふうに作られているか。

それは、ここで暮らす以上
やっぱり警戒しないといけない大事な事柄です。
育ちざかりの子どもの、血肉となっていくものですから。


とはいえ。


そんなことを毎回心配しながら3食満たしていては、
まったく、楽しくない。
むしろ、いち早く病に陥りそうです。


こちらには、有機野菜が売られている場所なんて
ほとんどありません。伊勢丹くらいでしょうか。


とある新興住宅街で、
中国のオーガニック認証を得た野菜だけを
販売する小さな店を発見したことはありますが、
値段が10倍ほどもしました。
せっかく中国にいるのに、日本と変わらない値段で
買うのは、なんだかもったいない気もする。。。


なので、私は、選ぶときに多少気を使う(といっても、見た目とカンですが・・)
ほかは、ありがたく、その辺(市場、道端ふくむ)で売られている
野菜、くだものを頂戴することにしています。


でも、やっぱり心配です・・・・・・(笑)


というわけで、うちで大活躍してくれているもの。

それが、「ほたてスペシャル」なるものです。

a0279234_0352436.jpg



敬愛する某編集部の大先輩が、
中国行きとなった私のために
わざわざ送ってくださった、いまやわが家の家宝。


そして、私はこれを、みなさんに声を大にしておすすめしたい。
買って損はありません。とくにお子さんがいらっしゃる方。
そして、中国在住のみなさん。


こちら、三陸産のホタテ貝だけを、粉砕して焼いた粉末です。
焼成カルシウムというそうです。


どう使うのかというと、
この粉末を水に溶かし、水溶液を作ります。
そこに野菜やくだものを5分ほどつけておくだけで、
表面についた農薬やワックスが除去されるという、
たいへん不思議な、ありがたい粉末です。


水にとけるとアルカリ水になり、その力で食物に負担をかけず
(もちろん排水など環境にも)、汚れを落としてくれる
ということらしいです。作用が、重曹水とも似ていますね。


野菜などをつけこんで数分すると、
水面に油分というんですか、汚れがうっすら浮いてきます。
ときどき、ものすごい量の油が浮いていることがあって、
それはそれは衝撃の映像ですが。


うちは、野菜・くだものは、すべてこの下処理をしてから
調理、保存しています。

a0279234_0363678.jpg



ほんとうに不思議なんですけど、
この水につけた野菜などを、ただ冷蔵庫で保存するだけでも、
鮮度が長持ちしてくれるんです。


通常ならカビカビ・スカスカになってしまう期間
(もはや買ったのさえ忘れていた・・・)
放置されたナスを、先日
お味噌汁に入れておいしくいただきました。
※多少の劣化はありましたが、ぜんぜん食せるレベルでした。


食品だけでなく、調理器具の殺菌などにも効果があるそう。
詳細はこちらのお店に詳しいので、ぜひ。
http://item.rakuten.co.jp/ecojiji/gcah/

ほんとうは、こうした処理に頼らなくてもいい
食べ物が流通すること、
お互い疑心暗鬼になる必要のない人と食のつながりで
あるべきなんだと思うのですが。


でも、これも貝殻という自然からのいただきもの。
結局、人は自然から守られているってことを
忘れてはいけないのですね。


とにかく、この粉末、おすすめです。
[PR]
# by tania0418 | 2012-10-29 00:00 | Trackback | Comments(0)

初値切りに成功!

今日、初めて、値切りに成功しました。


道端にぼろ布を広げたおばちゃんの前に、
無造作に並べられていた、もこもこブーツ。


それは、瀋陽における越冬必須アイテムに間違いなく、
本格的に凍りつく前に、なんとしても購入せねばならない一足。


オーストラリア発のあのブランドブーツに酷似しているが、
雪どけ水で汚れる道を歩くのだからこれで十分悪くない。


などとひとり妄想しながら商品を凝視していると、
店主のおばちゃんが


「これはいいよ~、試着もできるよ~、安いよ~」


と言っているように聞こえたので、
試着させてもらった後、商談へ。



すると、言い値80元(約1000円)だったのが



いとも簡単に



65元(約800円)になったのです!!!



ちょっと、いや、かなり嬉しかった。



卸売市場へいって物を言い値より安く買おうと思っても、
日本人だとわれれば、絶対的に向こうのほうが強気です。
気の小さい私が、夫がいないところで、
値切りに成功したことなんてなかったので
喜びもひとしおでした。



ところが。



私が購入した靴を袋に入れてもらっている間、
この露天商の前に、別のお客さんがやってきました。


この人はいくらで買わされるんだろうなんて
ニヤニヤしながら会話に聞き耳立てていたら、


「それは80元よ。まあ65元でもいいよ。
この靴は65元で売ったから」。


全部、おばちゃんご自身で
種明かししておられるではありませんか。


ガッカリ。


ここは中国です。私がいくらで購入しようと、
新規のお客さんに気を使うような商売文化では
ありえないはず。


そもそも、80元で売る気なんてなかったのか、おばちゃん。
いやいや、商売を始めたばっかりの普通のおばちゃんだったのかも。
いやいやいや、もしかしたら65元なんて値切ったうちに入らないくらいの
代物だったのかも・・・・・・・・・・・(汗)


というわけで、いろいろなことに気づいてみると、
私が値切りに成功したのかどうか、
本当のところはわかりませんが。


一瞬でも、心が軽やかになった買い物であったことは、
間違いありません。

a0279234_150372.jpg

[PR]
# by tania0418 | 2012-10-27 01:57 | Trackback | Comments(0)

大清花

日本からどなたか瀋陽に遊びにきてくれたら、

ぜひお連れしたい!

と思っているお店のひとつ。



大清花(ダーチンファ―)


a0279234_0462839.jpg



皮がもちもちの、こんがり焼き餃子で有名ですが、
私でも食べられるやさしくて繊細な味の中華料理が
たくさんあって、すぐ、また行きたくなるお店です。


お店のインテリアも、なかなか凝ってますよ。


店主のコレクションなのか、
昔の狩猟道具や熊の皮やら、あまりお目にかかれない
中国の古道具、いやアンティークが
そこらへんに展示してあります。


実は、男性トイレも必見。


私はもちろん入れませんので知らなかったんですが、
夫が写真を撮ってきて教えてくれました。


その画像は、ちょっとダイレクトすぎるのでここでは控えます(笑)。
でも、トイレで、こんな人生哲学に出会える場所なんて、
他にはあんまりないよなあと思うのです。


狭いなかにも、
なかなかの奥行を感じられる大清花。


瀋陽にいらしたら、ぜひここでごはんを食べましょうよ!


だれか遊びにきて~~~。

a0279234_0503976.jpg

[PR]
# by tania0418 | 2012-10-24 00:59 | Trackback | Comments(3)

日本語を養う

目下、わたしにとってのプレッシャーは、

いかにして、娘の日本語をすたれさせないか。
そして、発展させていけるか、

を暮らしのなかで実践していくことにあります。



これはすごく、重たい課題です。



娘が現地の幼稚園に行きはじめて、早2カ月。
外の世界では中国語の荒波にもまれ、
必要最低限の単語は理解できるようになってきました。
(あ、母子ともに。)


ところが、やわらかい子どもの脳みその威力はすさまじいものです。


娘が数をかぞえるとき、
イー、アール、サン、スー・・・
が先に出てくるようになってきたのは喜ばしいのですが、
日本語の数の数え方は?と私が問うと、


「なんだっけ」。


もちろん、言い出してやるとすらすらと続くのですが・・・


これはまずい。


母語も第二言語も結局中途半端になってしまうのは、
なんとしても防ぎたい。
親の責務として、おおいに危機感を抱いているのです。



そのために日々気を付けていること。



これは、ご自身のお子さんを日中のバイリンガルに育てた
お母さん(教育学者)に伺ったことでもあるのですが、


どんなに日常会話に中国語がまじっても、
父親とは何語で話そうとも、


母親とだけは、必ず、
美しい日本語だけで話すこと。
子どもがどんなに中国語で返してきても、
母親は日本語で返すこと。


これさえ守っていれば大丈夫よ、と。


この言葉にすがるように、
私は毎日、子どもとは日本語だけで
話すように心がけています。


そして、この鉄則に欠かせないのが絵本です。


毎晩寝る前には、
できるだけ絵本の時間、または読み聞かせ
をするようにしています。


その中でも、ほんとうにお世話になっている一冊。


言わずと知れた、安野光雅さんの『あいうえおの本』です。


これはもはや、ただの知育絵本ではありません。


緻密ながらあたたかみのある絵。
ユーモアの聞いた構成。


私と娘は、
この本を、ただ開いて、イラストと文字をいっしょに
読んでるだけなんですけど。


いつ開いても、楽しいし面白い。


世界が、イメージが広がる。


もう、言葉の世界も超えて。


この本を作ってくださって、ほんとうにありがとうございます、
と言いたい。


そして、私もいつか、
こんなあたたかい至極の時間をくれる絵本を
作ってみたいなと、思うのです。

a0279234_22272349.jpg

[PR]
# by tania0418 | 2012-10-21 22:41 | Trackback | Comments(0)

遅めの朝ごはん

北陵公園の近くにある、友人宅を訪ねるため
夫とふたり、朝早くにでかけることになりました。


が、朝はさぶい。。。


冷風が容赦なくふきすさび、
歩いても歩いても、体がどんどん冷えてきます。


途中、小さな小龍包やさんを見つけたので、
えいやっと入り、遅めの朝ごはんをとることに。


小龍包と看板に書いてあったので、
よくあるあの小龍包を想像していたら、
出てきたのは、小さな肉まん。



a0279234_2121824.jpg


まんまる肉まんが8つ並んだせいろ4元に、
二米粥(白米と雑穀の二種類が入ったおかゆ)1.5元。


凍えて、思考も体力もそろそろリミット、
という頃に見つけた小さな(汚げな)お店だったので、
もちろん何も期待していなかったのですが、
味もそこそこよくて、店主は人柄がよさそうで、
ほっとしてなおのこと温まりました。


通りすがりにみつける小さな個人商店は
ほとんどが無許可営業。

ダンボール肉まんを彷彿とさせる店構えのところも多いのですが、
ひとたび勇気を出して入ってみれば
良心的な家庭料理に出会うこともちゃんとあるんです。


でも、そこはやはり、見極めが大事。


清潔そうかな、というより、誠実そうかな、
ここなら、ダンボールは使わなそうだな、
というお店を、店舗から人から、あらゆる3D情報から
嗅ぎつけなければなりません。


自営している中国人店主って、愛想がないし、
むっとしてる表情の人が多いから難しいのだけれど。


そういう勘所を、ここにいる間に養いたいなと思うのでした。
[PR]
# by tania0418 | 2012-10-20 02:16 | Trackback | Comments(0)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

すっごくわかります。桁違..
by りえこ at 21:31
こんばんは! 先日..
by べーこん at 23:14
べーこんさん、はじめまし..
by tania0418 at 01:20
こんにちは! 突然..
by べーこん at 01:07
そうなのですね。我が家も..
by ayachima at 08:49
別居婚にちょっと飽きてき..
by tania0418 at 19:44
いいですね。面白そう! ..
by ayachima at 15:35
そうですか!ニーズがある..
by tania0418 at 23:41
そう思っている方、結構多..
by ayachima at 09:36
りえこさん!このたびはz..
by tania0418 at 23:22

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧