海鮮料理へのこだわり

瀋陽人って、海鮮料理に

並々ならぬ熱意がありませんか?


うちの夫も、口を開けば

海鮮食べに行く?

と聞いてくる(自分が食べたいんでしょうというツッコミが
もう効力を持たないほどに)。

家族で食事ってことになると、必ず腐るほどの

シャコ、エビ、カニ、カイ、、。


毎日のように生魚食べてる愛媛暮らしの

私からすれば、

わざわざ海鮮料理を食べたいと思う、

その気持ちを慮ってあげられないのです。



確かに瀋陽には海がないよなあ。

新鮮な海の幸、というよりも、ほんとうに美味しい

海鮮料理というものに、ここでは

出会うことが少ないですよね。



でもなんか、ここ数年、

あぶく銭まかせの

海鮮持ってくりゃあメンツ保持

みたいな悲惨な食卓を目にすることが増えました。



みんな、お金いっぱい持ってるから

かつてはカニ一匹買うのも年に一回の記念日に、

くらいなものだったのが、

今や日常にあふれています。いや、おぼれてます。



ラオイーのお誕生日会に参加。

派手好きのラオイーらしく

海鮮が並び、

乾杯が続き、

部屋はタバコでモックモク。

食べるの好きというより、

集まるの好き?


そして今、

もしこういう機会に

海鮮を並べなかったとしたら………



ラオイーはきっと、怒ったと思うなあ。

なんで私の誕生日に海鮮がないの!と。



年長者を敬う意味ももちろんあるのだけど、

近頃の中国のバブルはもちろん、

食べることと権力のうっすらとした

関係性を感じずにはいられない。


"ここで海鮮料理を出さないってどういうことだ?"


その問いの裏がわにある

いろんな思惑。

まあ、そんな単純なお話ではないと思うのですけれど、

新鮮なおさかなを主食にしている私にとっては、

瀋陽人の海鮮料理へのこだわりは

力関係の象徴のようにも見える。


あるいは、

食べたくても食べられなかった時代への

逆襲なのかもね。それも、

そんなに昔のことじゃないんですよね、

ほんの、10年、20年まえのこと。



お腹いっぱいになったら

私は早々に家に帰りました。

だってマージャン始めるからねえ。

それにしても、

家族、親族の誕生日ごとに

こうやって集まる中国の家族の仲の良さって

日本ではあまりマネできないこと。

こういう機会のために海鮮があると思えば、

シャコの殻が散乱するのも、

貝柱が硬すぎて顎が痛くなるのも、

全部アリなんだなあと思えるようになった

今日この頃です。笑

a0279234_08562957.jpg
a0279234_08572740.jpg
a0279234_08575714.jpg
おなじみ、好利来のケーキ!

[PR]
# by tania0418 | 2017-04-04 08:32 | Trackback | Comments(2)

大連の海に癒されて

a0279234_14532515.jpg

関空から約2時間半。

空からみえた大連の大地に笑ってしまいました。


ニョキニョキと伸びる高層ビル群。

それがまだ、雑木林や黄色い土をのぞかせながら、

文字どおり山からビルが生えているように見えるから、

かえって不自然さ満載。

まるで、子どもが作ったジオラマのようです。


瀋陽のように徹底的に土を埋め尽くす

剣山のようなビル群だったら、まあ、もう、しゃーないか!

となるのかもしれんですなあ。



夫が、大連まで迎えに来てくれました。

仕事のついでに。

取引先のお子さんも一緒で、

さすが中国の子どもというのは、

いい意味でとっても壁がなくって

すぐに打ち解けてしまう気軽さがある。

(そのぶん、忘れさられるのも早いけれど)


大連といえばあの巨体な海洋公園へ、

いつの間にか手を繋いでいる子どもたちに先導されながら、

べつに見たいとも思ってなかった

海の生き物たちの住処へ

お邪魔することになりました。



水族館とか動物園て、苦手なんです。

とくに、中国でわざわざそういうところ

行きたいと思わない。

だって、テキトーな施設で、

なんかおもちゃみたいに動物を扱うでしょう?


……っていう先入観を、まあ打ち砕いてくれるのよね、

こういう、別に行きたいとも思っていない時に限って。



私が瀋陽で暮らしていた数年前の

大連の水族館て、

薄暗くて?魚が閉じ込められていて?

施設はボロボロで?お世話もテキトーで?

見るものとくにないって感じの施設だったように

人づてに聞いたことあったけど、

あれはホントだったのか。



いつしか施設は大幅リニューアルをとげ、

とこぞのテーマパークのような遊び心と

大陸らしい巨大さを掛け合わせた施設は、

どこもかしこも綺麗で、魚は活き活きと泳いでいて、

あちこちで行われるショーも、

まさに見応えたっぷりお腹いっぱい。。


アシカやアザラシ、イルカのショーなんかは

定番なんでしょうけど、

あれだけ完成度の高い演技を教え込むことのできる

動物たちの賢さと、キーパーさんの有能さと、

なによりその二者間に通底するコミュニケーション力には、

素直に、感動しました。


数も、半端ないよね。

ペンギンさんとか、

もう日本の動物園の三個分くらいの数いましたよ。

あと、白鯨なんか二匹も!

彼らも水中で芸をするらしいけど、

これだけの数の生き物たちを、

飼う人も見る人も安心できる環境で育てられる



中国の経済力たるや……!



大連の水族館に行ってよかったと思っています。


外にでて、一息。

カモメさんに、みんなエサやるから

すんごい寄ってくる。


移動に疲れて、座ってボーッとしていたら、

海が世界をつないでいる

という気持ちになりました。


a0279234_14524754.jpg



[PR]
# by tania0418 | 2017-03-30 14:34 | Trackback | Comments(0)

また瀋陽に上陸です

もう三月も下旬!!

ブログ更新が、こんなにゆっくりなのは、

自分の頭が春やすみだからです。

もっと心の余裕を持って

書く時間を設けたいと思います。



さて、来週からまた瀋陽であります。

この時期の瀋陽って、寒いのだっけ。



今回は、大連に上陸。

大連のなまりって、なんだか穏やかですよね。

瀋陽のトゲトゲ感、ないですよね。

私、大連がいいなあ笑


とか、言ってみる。

だいぶ、疲れているのかもしれません。

不思議な夕焼けの写真で、

今日はひとまず。。


a0279234_21404950.jpg



[PR]
# by tania0418 | 2017-03-23 21:37 | Trackback | Comments(0)

やりたくない仕事を手放すとどうなるか

人生というか、人が生きるこの世界は、

実はひっじょーにシンプルな法則によって

動いているのかもしれないと思う今日この頃です。




ライターやめます宣言から2カ月くらいたったのかな?

左目の角膜ヘルペスは、再発のその後、とっても順調で、

視界もかなりクリアになってきました。



再発はもうイヤダ!

瓶底メガネはもうイヤダ!



ということで、

早寝早起き、ストレスできるだけ排除

の暮らしをなんとか続けています。




でね、この角膜ヘルペスに端を発する

心境、環境、もろもろの変化について、

おもしろいなーと思ったことを少し。

いや、これむしろ、読んでくださる方にも

参考にしていただけるのではないかと思いました。




2カ月前ですかね、昨年12月、

私思い切って、天職だと思っていたライター業やめます

と発信しました。


そんときはそんときで、

かなり切羽詰まった心理状況だったので

1ミリも後もどりしたくない、という思いだったんですが。



このあとね、すごく面白いことが起こったんです。

まずは、

ずっと止まっていた、本の執筆の案件が

動き出しました。


これには自分もビックリ。


なんだ、なんだこのタイミング、と思いませんか。

数年、まったく動きがなかった案件ですよ……


そしてぜひ、形が見えそうになったら、

こちらで告知させてください。

……ずばり、中国滞在をネタにした本ですヨ!!

私も楽しみです。




それから。


もうひとつ興味深いのは、

ライターやめる、って言ってるのに、

ライターの仕事ばっかりきています(笑)


しかも、

「やりたいな」と思える仕事ばっかり。


地元の伝統工芸、ものづくり、

大好きなクリエイターに関わるもの、

会いたいなと思っていた人の取材・・・



なんか、面白いくらい自分にとっては

「断る理由がみつからない」案件ばかり。



と、同時に、「やりたくない」と思っていた仕事の

あらゆることが、ぜんっぜん、来なくなりました。


本当は苦手だった分野のことが

もろもろ、ほんと、世界から消えたかのようで

心が静か。



そうなってみて、ほんとうに実感するんです。

「あ、やっぱり私じゃなくても、よかったんだ。

誰か代わりがいたんだ」

っていうね。

私がしがみつく場所じゃなかったってことですよね。



というわけで、

今も、ほそぼそと、「やりたい!」と思える

ライター仕事、続けています。


過去の思考回路がときどき

ものごとを複雑にしすぎて、こじれていく感じもないこともないんです。


でも「やりたい!」がベースだから、

しんどさが継続するわけじゃない。


煮詰まっても、なんとかしたい!という

活力にも似たエネルギーがわいてくるんです。

そして、そういうときこそ、「直観」に立ち戻り、

肩の力を抜くように命令するようになりました。



これも、左目が教えてくれたことです。



結論を申し上げますと・・・




今すぐ、
これは自分じゃなくてもいい、と思う仕事を手放すこと



です。


私の場合は体が教えてくれましたけれど、

一気に実践するのが難しい人はぜひ、

ちょっとずつ「やりたくない案件」を

断る、手放す、放置する、見なかったことにする…(笑)

などして、自分の世界から消していってください。



おっどろくほど、自分のやりたいことまみれになります(笑)



世の中の仕組みとは、

ほんとうはシンプルなんだろうな、と思います。

私などは、体を壊さなければ気付けなかったわけですが、

これをはなから知っている人は、強い。



断ることに不安や迷いなんて、ほんとはいらないんだよね。


あ、それ私の仕事ではないので、あしからず!


で、世の中は回っていくものではないでしょうか。




結局、

人が一人今日も笑顔で、心地よく過ごしているだけで、

周りは信じられないくらい、

救われているんですよね。



いまの私、そんなことを感じています。


実体験コミの自己啓発ネタでした。



[PR]
# by tania0418 | 2017-02-28 19:23 | Trackback | Comments(0)

食生活に落差がありすぎる件

春休みの瀋陽便を探したら、、、

ない!


直行便じゃなきゃやだ、ということで直行便を探すのだけど

予算オーバー!



ということで、大連往復となりました。

夫は、迎えに来てくれるのでしょうか。

来てくれないような気がします。



さて!


太原街で、歩き疲れて

どうしても一休みしたい、

それも、安心・安全・清潔なところで!

となると、まあ、スタバ、ですよねえ。


いまどきのカフェも増えていますけど、

ちょっと今、コーヒーの気分じゃないってことも、

ありますよねえ。



そういうときね、私がちょっとだけ

頼りにしているお店が

太原街のワンダ4Fにあります。



中国語名はたしか、「大樹」。

英語名はそのまんま、「THE TREE」。



こちら、できて3~4年はたつかしら。

この間の瀋陽でもまだ、お店はあったから、

そこそこ人気が出ているのかもしれませんね。


香港スタイル?のような気がします。

a0279234_16164021.jpg

お店が、きれいなんですよね。

インテリアもそうですが、

清潔感あるし、店内自体が広いし、

なんとなく安心できる要素が

そろっている。



今日はカフェじゃないって言う日は

つい、ここを思い出してしまいます。



注文したのは、

ナシとミントがたぷたぷの紅茶に浸かった飲み物です。

あったかいやつですよ。

お値段たしか、、、20元くらいだったかな。



これ、おいしかったですよ。

ナシがちゃんとしゃきしゃきして、

ミントのおかげか紅茶も甘すぎず、

飲みやすかった。


すべて食べきり、飲みほしました。


瀋陽ってものすごく、乾燥していますものね。

のどのケアにもぴったりだと思いました。


娘も一緒だったので、ついでに、よくあるコレも注文。

a0279234_16164726.jpg
お箸で食べるんですか?


一応確認しましたけれど、

最後のほうは手でいただいていました。


これも、ほどよくふんわりした食パンで、

外側がカリッとしていて、おやつにぴったりです。


二人で食べきるには大変でしたけれど、

おすすめ!です。


ここは味もね、わりとちゃんとしてるんですよね。

お値段的には少し高めです。

夫を誘っても絶対拒否されるお店の代表ですね。



お家にかえれば、

そりゃあ素朴な東北家庭料理が待ってます


この冬、お母さんは酸菜をつけなかったようで、

代わりに、

かぶ、にんじん、なにかの根っこ

(ごぼうの味がするの、、、
あれ、なんだろう、まだ未確認です)

を塩と水で3か月ほど漬け込んだ

漬物です。
a0279234_16261618.jpg


これをね、食べる直前に細かく切って、

ごま油であえていただく。


ごはんが進みます~



ベランダは、マイナス20度を超える外気の影響で

すでに冷蔵庫がわり。

冷たい部屋で、じっくり寝かされてできあがる冬の保存食。

瀋陽暮らしには欠かせない一品です。
a0279234_16262495.jpg


食生活にあまりに開きがある件については、

家族は、ただただだまって、見過ごしてくれています。

(参考までに、瀋陽では雪花という地元ビールが
1本=3元=約50~60円でのめます)


[PR]
# by tania0418 | 2017-02-19 16:40 | Trackback | Comments(3)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。 お問い合わせ、そのほかはこちらへ。ken76ya@hotmail.com


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

インターリンクさん、こち..
by tania0418 at 23:24
Amaniさま ブログ..
by tania0418 at 23:23
ayachimaさんも、..
by tania0418 at 19:17
イップさん、ありがとうご..
by tania0418 at 19:15
あ、ZINE拝見させてい..
by ayachima at 09:08
土曜日に息子と行ってきま..
by ayachima at 09:00
先ほど、瀋陽人旦那と共に..
by イップ at 13:14
ayachimaさん、あ..
by tania0418 at 00:40
興味津々です! 育児&..
by ayachima at 11:00
嬉しいー!!イップさん、..
by tania0418 at 16:23

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧