<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まいにち中国語

ふと、自分の中国語がいったい、
どのくらいのレベルなのか知りたくなりました。


夫と出会った頃、
「中国」なんて、あたまの片隅にもなくて、
「中国語」なんて、タガログ語くらいに
遠い存在だったのですが、


日常生活を送るうえで、
夫があまりにも想定外のことをしたり、
ちょっとしたいい方に腹がたって
喧嘩したりすることが増え、


これは…歩みよるためには相手の言語を学ぶしかない


と思ってから、早15年。


中国語の参考書を買っては挫折を繰り返したのち、
ほぼ粗修行のような形で
ニーハオ!しか知らなかった私が3年弱の瀋陽暮らしを
経て今!。


中国語は


◎家族との日常会話はだいたいできるようになった
◎買い物(値引き交渉含む)、外食、移動に不便なし


くらいになりました。


しかし、新聞やテレビ、ラジオは楽しめません。
夫の友達との飲み会になると、“専門用語”(東北弁ともいう)が
多すぎてわからない。
お店の張り紙や注意書き、本もほとんどスルーです。


これじゃあ、中国のことわかったもんじゃないわね。


ということで、
自分の中国語力をもうちょっと高めたい。


なおかつ、客観的にいま
どのくらいのレベルなのか知りたい。


という思いに駆られ、ラジオ「まいにち中国語」
を聞いています。


二日目、初めて視聴し終えました。


人生で初です。


ラジオ番組のテキストを
買っては初日聞いておわり、
もしくは聞かずにおわり、
もうラジオは捨ててしまったほうが・・・


と思い続けること、数年!!


やっと、ここまできました。


自分をくしゃくしゃにしてほめたい気分です。


(・・・まだ二日目だろ、というツッコミは受け付けません)



ここまでこれた要因のひとつには、

まず、私の中国語基礎力がかなりあがってる、

ことがあるでしょう。


講師の陳さんのおっしゃる内容が、ほぼわかる。
テキストの内容も発音も、
今のわたしにとっては難しいものではありません。


いやがおうでも中国語(しかも東北弁ですよ)で話しかけられた
あの3年弱を思えば、テキストの内容がぬるい。


「わかる、これもわかる」


という実感が、
おお、これなら続けられる、
という実感にかわっていくのを感じます。


たぶん、「まいにち中国語」は私にとっては
復習教材。
本や新聞、ラジオなんかを楽しむには、
もうちょっとレベルの高い表現力が求められますが、
それは、今の私にはまだ無理です。


とにかく、もうちょっと会話がスムーズになって、
骨董市に行ってもバカにされないような、
タクシーの運転手に大声で「あー?」と言い返されないような、


大きな声で自信もって言いたいことを言える


そのくらいの中国語力を身につけたいと思っています。

そう、目標はそこです。


大きな声で、言いたいことを言う。


なぜなら、中国では大きな声で話せなければ、
主張は通りません。
雑踏にまみれて消去されてしまう。


はっきりと、自信もって、大声で


「太原街に行って!」(注・タクシー運転手さん向け)


と言えたほうが、
中国での暮らしはとても楽だし、楽しいのです。







[PR]
by tania0418 | 2016-04-27 09:51 | Trackback | Comments(0)

農村スタイルのレストラン

a0279234_18414463.jpg
瀋陽滞在中は、親戚づきあいで忙しい日々でした。

なにかっていうと集まってご飯を食べる
習慣の中国にあって、

「ご飯行こう」
「誕生日会に来て」
「奥さん来てるんだから一緒に」

と、仕事もプライベートもご飯でまとめてしまう。

夫が瀋陽で仕事をし始めて
人間関係が広がったせいで、
ほうぼうから連日声がかかり、
必要最低限に切り捨てても、
半分以上は誰かとご飯を食べるという忙しさ。


優先すべき、家族とのこじんまりした食事会を入れたら、
私に、瀋陽でゆっくり過ごす時間なんて、
ほとんどなかったなあ。


・・・


中山路を歩くのを、すっかりぽっかり忘れていた、
と日本に帰ってから思い出したくらい、
まあ、充実してたといえばそうなんですけれども。


今回は、恒例の水餃子は
家で作ってもらったもの以外、
外では食べませんでした。


その代り、なにかっていうと
農村スタイルのレストランによく行った。


上の写真は、その典型的なチェーン店。
入口付近には、農村を思わせる食材が
食堂を思わせるスタイリングで並んでいます。
実にカラフルで、にぎやかです。


残念ながら、まあ、おいしいとも言えないお料理で、
チェーン店としては大成功しているんだけど、
個人的にはいくだけ疲れる、みたいな場所でした。

a0279234_18552428.jpg
これは、棋盤山(チーパンシャン)付近の農村エリアに、
都会の人向けに開店している農村スタイルのレストラン。

「市外田園関東美食村」

って、なんかそのままですね。
同じようなスタイルのお店が並んではいますが、
周りには何もありません。
かつてはまさに、農村エリアだったところでしょう。

a0279234_18562765.jpg
こんな感じで、成り金ふうの都市部の人たちが、
市内にはない農村スタイルや料理、
より安全な食を求めて、遊びにやってくるところなんだそうです。
瀋陽から車で1時間ちょっと。

a0279234_18580330.jpg
個室に案内されました。扉をあけると、ただの部屋。
これ実は、オンドルの上に設置された座席で、
つまり、ベッド(オンドル)の上にテーブルを置いてるんです。
でも、ちゃんと火も焚いてくれてるから、
おしりがほんのりあたたかいの。
a0279234_18550069.jpg
夏になると、ビアガーデンみたいになって、
都市部から人が集まり、ものすごく儲かるんだそうです。
トイレは水洗だった。
きれいに掃除してありました。

a0279234_18560456.jpg
室内になぜかかけられていたお洋服。
どことなく、懐かしいデザイン。これも演出なんでしょうね。
a0279234_18555747.jpg
お料理は、ありきたりな、中国東北部の家庭料理です。
チェーン店と変わり映えしないけど……。
でも、初めて食べた葉っぱ(サラダ/味噌をつけて食べる)もありました。
でもぜんぜん、苦味や青臭さがない。
若い人たちでは判別できない葉っぱの名前を
長老らしきおばあちゃんが、笑いながら教えてくれました。

空いている席で餃子つくりするおばあちゃん。
近寄って写真撮ってても、くしゃっと笑うだけで、
なんだかかわいい。

このレストランに来て、最もつよく農村らしさを感じたのは、
日に焼けて真っ黒な、このおばあちゃんの笑顔
だったかもしれません。
a0279234_18554711.jpg

[PR]
by tania0418 | 2016-04-12 19:25 | Trackback | Comments(0)

魯園古玩城

a0279234_12232923.jpg
a0279234_12563846.jpg

瀋陽滞在中、
偶然立ち寄ることができた骨董市。

魯迅公園から程近い、「魯園古玩城」。


このあたりで毎週末、
市が開かれているのは知っていたけど、
まさかここが

”LUYUAN ANTIQUE CITY”

と訳される骨董品も扱う場所だったなんて
知らなかったなあ~~~!!
a0279234_12240021.jpg

建物の中は、
中国人が大好きな翡翠や珊瑚、琥珀などを使った
高級宝石や宝飾品を扱うショップの連なりなんだけど、
一歩外にでれば、いわゆるアンティークもの、
ガラクタに近い雑貨を売る露店商の集まり。


感動した。


建物の中のものには、私は興味がないので素通りです。

アクセサリーに押されて、
ただのガラクタを売る市の数は少なかったけれど、
歩いてみるだけで、わくわくするような
中国の歴史と人々の暮らしのにおいに近づくような、
そんな興奮がありました。


外にある市場で扱われているのは、
おそらく、1920年代~60年代のものがメイン。

たぶん、どっかの農村や引っ越しのゴミにまぎれて
タダ同然でもらってきたものに違いない。
例えば、お椀はひとつ30元(約500円)だと言われたし、
農具かごは、ひとつ80元とのこと。

アンティークというより、
「今やだれも使っていない生活用品(粗大ごみ)」
なわけですね。


毛沢東語録や人民公社のロゴいりバックなんか、
もう中国人で「ほしい」と思うひと、いないでしょう。
ほとんど海外に流れているのかもしれません。


日本のものも、かなりの数ありました。

関東軍が使ったテントの生地、
どっかの高校?のバッジ、つぼ、食器。

どれも、「わーこんなんじいちゃんちにあったわー」
と懐かしく思うような雑貨ばかりです。

a0279234_12235056.jpg
a0279234_12231663.jpg
この鏡台も、なんか素敵じゃありません?
値段聞くの忘れた。
a0279234_12224769.jpg
市につながる細い通路には
古本屋が並びます。
やたら本とか、本屋とかいうカタチに
惹かれるばかりの私はいつも、
こういうところで買えも、読みもしないのに立ちどまってしまいます。

a0279234_12230548.jpg
書籍にまじって、ねじとか?カギとか?ペンチとか?
日曜大工用品を扱うお店も。
なぜかそこに、日本人の修了証や証明書も。

個人名も所属もはっきりとわかります。
こういうものをどこで手に入れ、そして誰が買っていくのか、
はたまた、この当のご本人(その親族)はこれを経て
どこへ行かれたのか、
見ているだけで時空を飛び越えそう...

a0279234_12233715.jpg
買うのを迷ってしまったのがこのピアノ。
ちゃんと音もポロンポロンとなりました。

持ち帰るの大変かなと思ったり、
家族に馬鹿にされるかなと思ったりして、
買わずに帰ってきたことを夫に話すと、
「えんちゃんに、買えばよかったのに!」と予想外すぎる反応。

今度来るときまでに、どうか売れていないで…


というわけで、ここは、次回の瀋陽滞在中の
私のメインターゲットとなりました。
入り浸ってやる。


市の開催は週末、土日のみです。
外国人慣れしているので、中国語でやりとりできれば
だましたりする人も少なそう。


心を開いてやりとりすれば、
本当に楽しい買い物ができるスポットです。





[PR]
by tania0418 | 2016-04-10 13:08 | Trackback | Comments(0)

瀋陽で感じたこと

春休みは短いですねー。
やっぱり10日くらいじゃ、やりたいこと、みたいことの
半分もできません。

もっと一人でプラプラしたかったなー。



今回の滞在で、瀋陽がまた変わってました。


近くに残っていた古い商店やアパート、
スラム街みたいな住居は
すべて回収されたとのこと。


人がいなくなった建物の
不気味なこと。


確かに古いし、危なくもあるのだけど、
ここまで残った建築物にもう一度命を吹き込むような、
そんな流れにはもうならないのものかなあと思うと、
寂しい。


瀋陽駅とそこに続く中山路の歴史的建築物だけで
もう十分ってことなのね。


そして、これら旧式建造物を壊して、
何をこれ以上作ろうというのか。
これでまた、
そこらじゅうにありあまってる高層マンションだったら、
もう、笑うしかない。


いま気がついたけど、
中山路のカフェに行くの。すっかり、忘れていた。
がーん。。。

a0279234_17113979.jpeg
a0279234_17184629.jpeg
a0279234_17121089.jpeg
a0279234_17123866.jpeg
a0279234_17125515.jpeg

*ほとんどが、日本統治時代のものだと思われます。

[PR]
by tania0418 | 2016-04-09 17:00 | Trackback | Comments(0)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。 お問い合わせ、そのほかはこちらへ。ken76ya@hotmail.com


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

嬉しいー!!イップさん、..
by tania0418 at 16:23
瀋陽人旦那と東京在住で、..
by イップ at 12:30
ayachimaさん、あ..
by tania0418 at 00:59
すみません、一個前のコメ..
by ayachima at 12:15
夫の会社も、住居のある瀋..
by 夫の会社もあったかも at 16:11
いよいよ上陸ですか!楽し..
by tania0418 at 18:45
オサレカフェ良いですね!..
by ayachima at 09:10
見つけてくださってありが..
by tania0418 at 23:53
瀋陽で検索してこちらに辿..
by schweppes1788 at 16:27
返信くださって嬉しいです..
by ayachima at 10:04

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧