<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日も中山路へ

今日も、
西の空を見上げる毛沢東先生と労働者たちの
横をとおりすぎて、中山路へ。


中国の歴史にさほど詳しいわけでも
興味があったわけでもないけれど、
この銅像(巨大)をみるたびに、
いったん足を止めてしまいます。


なんというか、
躍動感あるんですよね。

そしてまた、
中国にいる実感を強くする場所。


さらには、カフェストリートがすぐそこ。

a0279234_0522281.jpg

[PR]
by tania0418 | 2013-09-26 00:56 | Trackback | Comments(0)

十五夜をひとりで

今日は十五夜ですね。

瀋陽はあいにくの曇り空。


でも今日から三日間、お月さまをあがめるため
世間は連休です。


こういう日には、家族みんなでごはんを
食べたりするのが習慣のようです。


私も満月を見上げながらの夕食、
とても楽しみにしていたのですが。



ここ数日の疲れもあって、
午前中の仕事からもどり、ちょっと一休みのつもりが

3時間眠りこけてしまった。


夫も家族も、気を使ってくれて、
無理に誘い出すことをせず、私ひとりを放置して
夕食に出かけてしまいました。


その気の使われ方が、ちょっと切ない・・・


現在、窓の外から漏れ聞こえる
花火の爆音を聞きながら
「三鮮拉麺」(1986年発売のロングセラーインスタントラーメン)
を食べて、掃除でもするか、と
思いなおしているところです。


十五夜であり満月である今日を
ひとりでご飯を食べて過ごすなんて、
(しかもインスタントラーメン)
なんだか、ものすごく良くないことをしているような気分。


さびしいとか、孤独とか、そういうものより
ここの道徳観に反している感じがすごくする。。。


大丈夫かなわたし・・・?

いや、正確には放置されたのだ。


お月さま、顔を出してくれるといいなー。
[PR]
by tania0418 | 2013-09-19 20:47 | Trackback | Comments(3)

2回目の9月18日

けたたましいサイレンの音で
やっと気がついたのですが、
今日は、9月18日。


瀋陽を舞台に、
満州事変の発端となった
柳条湖事件が起こった日なのでした。


毎年、この日を境に反日活動がピークを迎え、
同じ日の9時18分に、
3分間、サイレンが鳴り響きます。


それに呼応するかのように
国旗を掲げた車両が、クラクションを鳴らし
街を走り抜けていきました。



サイレンとともに、
まざまざとよみがえる去年の記憶。

それとは正反対に、
今年は、まったくもって、物静かに
迎えた記念日なのでした。


デモ隊の日本をばかにする大声も聞こえなかったし、
街もいつもどおり。(若干渋滞していたかな)


タクシーに乗り込み、うっかり「日本人」だと名乗っても、
「そうか、中国にはどのくらい?」なんていう、
気の抜けた会話が交わされるばかりで、
かえって気をぬいていいのか悪いのか
よくわからない一日を過ごしてしまいました。


昨年の写真が映画のワンシーンのように思える。
a0279234_2012818.jpg


昨年撮った、日本大使館近くにある日本料理屋さんです。
警備ではなくて武装に近い。今年も通りすがりましたが、
警察が近辺を数名で警備にあたっているのみでした



1年前ならば、この日が近づくにつれ、
公衆で日本語を話すのがためらわれ、
タクシーに乗るときに「韓国人です」といわねばならなくなり、
日本人の友人と集う予定など、延期延期!
という、ほんとうに不健全で理不尽な数日を過ごさねばならなかったのですが。


今年は、市内で小規模集会もおこなわれたようですが、
あっさりといつもどおりに(例年通りに)
終わったみたいです。



私は中国の反日運動、
とくに報道されるものにおいては
特別うさんくさいものを感じます。


きっかけさえあれば、
ワールドカップ前に増える
にわかサッカーファンみたいな増殖の仕方で
(あ、申し上げにくいが、わたしもかつてそのひとり)
反日が街にあふれる。


だけど、私が瀋陽市に暮らしていて、
「おまえはにほんじんだな、コノヤロー!」なんて
危険な目に逢ったことなんて本当にないんです。
むしろ、みなさん心を開いてくれるし、とてもよくしてくれる。


どことなく、“作られた”においがする反日運動。
少なくとも、今日その思いを強くしました。


ちなみに今日、
都合で一人でタクシーに乗ることになったのですが、
運転手のおいさんに「なにじんだ?」と聞かれ
口ごもっていたら、「日本人か?韓国人か?」と問われました。


思い切って「日本人だ」と答えてみたら

そのおいちゃん、じっと何かを考えつづけた挙句、


「ソーデスネ!」


と一言。

自分が知っている日本語をしぼりだした
陽気なおじさんは、
反日とかなんとかいう人たちより、
人としてすっごい魅力的なのでした。
[PR]
by tania0418 | 2013-09-19 20:09 | Trackback | Comments(1)

3:00PM cafe!

なんとなく、
いつもと違うところに行ってみたくなって、
仕事帰りにひょいとタクシーを拾ってみました。


ぼんやりと記憶にのこっている、
中山路のあたりの西洋風喫茶店(おいしくなさそうな)
にチャレンジしてみるか、という気分で。


中山路の周辺は、
例の、騒ぐだけ騒いどいて、
先週、いつの間にか幕をおろしていた
全国運動会のために大々的に改修が行われた通りです。


歴史的な建造物(関東軍が建築にかかわったような洋館)が
たくさん残っていて、町並みが美しく、
アピールのしがいのあるストリート。


そこに、外観を重視したのか、
予算がなかっただけなのかは不明ですが、
こんな風景がお目見えしていました。

a0279234_232820100.jpg


全国大会用にあしたらったものに違いないのですが、
傘のアーケードです。


風がふくたびに、
傘が、言うこときかない飼い犬みたいに
ぐるんぐるんとまわっています。


a0279234_23573786.jpg



ちょっと身の危険を感じられるのもまた刺激的で、
ひさしぶりに感激しました。


しかし、さすがにしっかり留めてはあるようで、
落ちてくるような傘はありませんでしたよ。


なかなかしゃれてますよね。


日本だったら、


「危険!こどもに落ちてきたらどうする!」

「建物の外観を損ねる!」

「傘がもったいない!」

・・・


などなどの理由で、実現しにくい企画なのではないでしょうか。



そうしてふと、目線を下ろした先に、
いかにも、カフェらしいカフェを発見・・・!

a0279234_23562141.jpg




店名はずばり、

「下午三点」(午後三時)。


この対面にある(おいしくなさそうな)
西洋風喫茶店にはめもくれず、
迷わず店に入りましたよ。


この時点で味もなにも期待していなかったのですが、
注文したラテにさらに感動。

なんという安定感! (おいしいという意味です)

a0279234_2342074.jpg


ただお腹がすいていて
高カロリーのものがほしかっただけなのですが
ついでに注文したチョコレートムースも、
マジでおいしかった。

a0279234_23434718.jpg



このラテなら、
このムースなら、
日本で出店しても常連すぐつきます!
ってクオリティに本当に感激して、
なんだか座っていてもソワソワしてしまいました。


このカフェにやってきて、


ここはどこ・・・?


と問いたくなるのは、きっと私だけではないはずです。


しかも、
スタバよりも断然お手頃価格。
(上記で50元くらいだったかな)


もう、ソッコーで、
お気に入りのカフェに仲間入りです。


店主は、かわいい女の子ふたり。
日本語も少し知ってるみたいで、
とっても気さくで、何気ない会話をしたのですが
ほんとうに気持ちが癒されました。


何度もいうようですが、
瀋陽には、カフェはありますが、
コーヒーがおいしくないか、雰囲気を間違えているか、
とにかく勇気を出して入っても
「えー、ここではずすの」ってこと、非常に多いんです。


しかし、ここは違った。

手作り感があった。

こういう感覚が、
瀋陽でももう受け入れられているんだなと実感しました。


なんとなく私が勝手に感じていた、
”スタバにいくのがステータス”みたいな感覚、
もう古いのかもしれない、ですね。


これから、通いますよ。

老板とも仲良くなって、いろいろ聞いてみたいのです。
このカフェを、こんなふうに、つくったわけ。

a0279234_0134141.jpg



このカフェの目の前にある子ども服屋さんは
傘のアーケードによって看板が見えにくくなっていて
そばに鎮座している酒飲みおじさんの銅像の
存在感が増していました。

日本じゃあ「私の店の前で!けしからん!」
ってことになりそうな要素満載です。
こういうところに、瀋陽の懐の深さを感じます。
[PR]
by tania0418 | 2013-09-17 00:48 | Trackback | Comments(0)

中国のキャラクター文化

久しぶりの休みに、
娘の「南湖(ナンフー)公園」へ。

ここは、そう、瀋陽一おそろしい(と、私が認定した)
遊園地のある公園です。


たまには、あの恐怖感を味わうのもいいか、
と思って遊園地目当てにやってきたのだけど、
なんとか娘を説き伏せて、
結局乗ったのはあひるちゃんボートでした。


・・・ボートは安定していたのでホッとした。


しかし、一生懸命こいでいった先に、
巨大あひるがいました。

a0279234_23451189.jpg



なぜ・・・? 
あひるちゃんボートの池だから?



近づいてみましたが、

「これ以上近づくな」

というロープが張ってあるばかりで、
これといって意図のわからない
巨大あひるが、
風にゆられて、寒々しくゆれていました。




ところで、瀋陽では現在、
オリンピック選手を選考するための
スポーツの全国大会がおこなわれています。


全国から一流選手が集い
試合を繰り広げるわけですから、
初日には習近平国家主席もいらして
挨拶されたそうです。

よほど注目度の高い大会らしい。


さぞかし盛り上がるかと思っていたけど、
街はわりと平静で、
たいした噂も漏れ聞こえてきません。


あんなに道を掘り起こしては改修だの修繕だの、
さんざん息苦しい夏を強いられたのに・・・


このままあっけなく閉幕するのでしょうか。


よけいに、今回の大会のために生まれた
ニンニンちゃんの姿が空しく感じられます。
a0279234_23433477.jpg


かわいい、と心からは、思えない。。。


しかし、この空しさは、あの南湖公園で見た
巨大あひるちゃんのもつわびしさと、似ていなくもないです。


中国では、そもそもキャラクターとか
かわいいものを愛でるとか、
そういう文化は根付かないのかもしれないですね。


ある種の目的のためだけにそこにいて、
それ以上の存在意義を誰も求めず、
そして、誰もそれを大事にしない(めでない)。


思いっきりキャラクター文化圏で育った私などは


「無理しなくていいよ」


と言ってあげたくなる
あひるちゃんやニンニンなのです。
[PR]
by tania0418 | 2013-09-12 00:17 | Trackback | Comments(3)

最近驚いたこと

中国に来て、
そろそろ1年と数カ月が過ぎるので、
どんな風景をみても
あんまり驚かなくなりました。


けっこう、新鮮味がなくなってきた・・・


だから、

門構えからキッチンまで徹底的に薄汚い店を見つけても、

若者がどんなに傾斜のきつい前髪をしていても、
(つまり横一直線ではなく、斜め切り)

バスの中でタンを思いっきり吐くおっさんがいても、


はあ、そうですか、と
受け流すことができるようになったということですね。


それを受け入れるかどうかではなくて、
見慣れない風景や文化に
いちいちイライラして、「なんだこの国は!」
なんて偉そうに、夫に文句ぶつけるばかりだった去年からすると、
ちょっとは成長したなあと思います。


思い返せば、夫もいい迷惑・・・


しかし、いまだに、ギョッとする風景はあって、
こういうのは、やっぱり足が止まるというか
いったん凝視して思考を整理するということが
よくあります。

a0279234_22212695.jpg



羊の生肉をつるして商売する、串焼き屋さんです。


まあ、これも見慣れたほうです。
しかも、こういう店だと
お肉が新鮮なので、おいしいですしね。


いちばんギョッとするのは、
犬の丸焼き、ですね。


犬肉を提供する店の前では
よく、皮をはいで、バーナーで焼いてある犬を、
柱だか木だかに縛り付けてあります。


それはなんというか、
写真に撮ることもできない、なんとも
生々しい(と私が感じてしまう)風景で、
いまだに、なれません。


なれないんだけど、
自分が「受け入れがたい」と感じるからといって、
犬を食べるなんて最低だ!だから日本がいいんだ!
というような文脈には、全くならなくなったなあ、
というのが最近の感想。


ここには、ここの良さがある、という
そういう地味な真実に気づけたということです。


こちらに来て、この境地に至るのに
1年かかった。


これが、北京や上海だったら
もっと違ったのかなと思います。


でも、時間がかかったぶん、
瀋陽にしばらく来て、嫌いになっていく
外国人観光客の方々が
増えないといいなあと思ったりします。


a0279234_22133167.jpg

ちょっと前に訪れた夜市にて。
こういう夜市では、串焼き屋さんが多いです。
あと、バケツや下着、髪留めなどの日用品を売る店も。

a0279234_22364171.jpg


これはポテトチップスの串刺しバージョンですが、
こういうのって、日本にもあったっけ。
面白かったから撮影したんですけど、
日本でも見たことあるような気もしてきた。
[PR]
by tania0418 | 2013-09-04 22:43 | Trackback | Comments(2)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

すっごくわかります。桁違..
by りえこ at 21:31
こんばんは! 先日..
by べーこん at 23:14
べーこんさん、はじめまし..
by tania0418 at 01:20
こんにちは! 突然..
by べーこん at 01:07
そうなのですね。我が家も..
by ayachima at 08:49
別居婚にちょっと飽きてき..
by tania0418 at 19:44
いいですね。面白そう! ..
by ayachima at 15:35
そうですか!ニーズがある..
by tania0418 at 23:41
そう思っている方、結構多..
by ayachima at 09:36
りえこさん!このたびはz..
by tania0418 at 23:22

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧