カテゴリ:未分類( 315 )

期待しないことの大切さ

おみやげネタが続きますが、

夫は、私へのおみやげには力を入れない代わりに、

娘へは愛情こめて、たっぷり選びます。


今回はね、なんと

中国版レゴブロックのお店やさんシリーズ、

それも、4箱!

でした。笑。

数が多くないか?

これも、瀋陽人の気質ですか?

それとも、夫の性格ですか?

わからんなー。



金額的にはね、まあ、レゴブロックのパクリ商品ですから、

一個50〜60元(約1000円)くらいなもんですよ。

だからまあ、4つで

リカちゃんハウス一個買うよりは、

まあ、いいかもしれない。


お父さんが4箱積み上げるのを見たら、

娘もそりゃあテンションあがるよね。

本人、このシリーズが結構すきなのもあって、

飛び上がって喜びましたよ。
a0279234_23282654.jpg


で、早速黙々と作ってます。

すでに2店が完成。

なかなかの見た目ですよ。


さて、このような

部品の細かい中国製おもちゃを買うと

何が起こるかっていうと、


ほとんどの場合

「部品の内容・数と、説明書に書いてあることが一致しない」

ってことが起こります。



今回も、未開封の部品が残りました。笑

予備として余分に入っている部品ともまったく別の、

どこにも活躍の場がなかった部品です。

このシリーズについては

毎度のことなのですが、面白いです。

a0279234_23344289.jpg

で、いつも思う。

中国って、すごいなーって。


日常で、自分を鍛えられている気がするからです。


つまりは、自分以外のことについて

いちいち「期待しない」ってこと。


頼れるのは、自分の感覚、感性。


こういう精神って、わたし、大事だと思うな。



相手のことを思って(あるいはトラブル回避のために)

懇切丁寧に、とにかく正確に事細かく説明してしまう

日本の国民性はもちろん、愛おしく感じるけれど、


しょーがないじゃん

あはは、間違ってるね

なんだこれ、おもしろー


って済ませてしまえるって、

わたしはとっても豊かなことだと思うんだよなあ。


って、思えるようになったんだよなあ


が正確な文章ですけれども。笑



あまりにも不良品の場合は、返品すればいいんです。

でも、なんとなく中国製って

中途半端に間違ってるパターンのほうが多いような気がする。

たぶん、工場の人たち、マネージャーのいない合間に

携帯いじりながら箱詰めしてんだと思うよ!笑



というわけで、久しぶりに

テキトーな中国製品に触れて、なんだかホッとしたのでありました。





[PR]
by tania0418 | 2017-11-24 12:10 | Trackback | Comments(0)

瀋陽からのお土産

ご無沙汰してしまいました。

みなさまはお元気ですか。



夫が瀋陽より、一時帰国中です。

「おみやげ、何がいい?」

といつも聞かれますが、特段、恋しいものがありません。

「なんもいらないから、気をつけて帰ってきてね」

というのに、

いつも、なぜか、どっさり、

おみやげを持って帰ってきます。



これは、、、瀋陽人の気質でしょうか?

それとも、夫の性格?

わからんなー。


というわけで、我が家の台所はいま、

ザ・チャイナ

です。笑

a0279234_22594354.jpg

たぶん、おみやげというより、

日本滞在中の、瀋陽人にとっては薄味の日本食を乗り切るための

保存食に近いものなんでしょう。



先日も、麻婆豆腐の調味料をつかって

本場のを作ってくれましたが、

これは美味しかったなー。

それから、おやつの種、各種。

ひまわりの種、かぼちゃの種、落花生・・・


娘もお父さんと好みが似ているので、

親子でパリポリとやってます。


私は、やっぱりこれかなあ。

チャーハンやお粥にちょっと添えると

おいしい腐乳(豆腐ように似ている)です。

a0279234_23052793.jpg


当分、瀋陽に行かなくてもいいくらい

現地食にまみれています。

(ちなみに今日は夫が2時間にこんだ豚足だった・・・)

なのに、年末年始は瀋陽滞在とあいなりました。

現地で会えそうな方、ぜひご連絡くださいませ。






[PR]
by tania0418 | 2017-11-22 23:07 | Trackback | Comments(0)

今だけ!プレゼントのお知らせ


これ、何かわかります?


a0279234_13301955.jpg

こういうの。

a0279234_13302251.jpg


紙細工に竹串が付いててね………



それぞれの串の先を
180度まわして上下ひっくりかえして
再び合わせると

a0279234_13463186.jpg


こうなります。笑



さらに、この状態で
うちでの小槌みたいに
ひと振りすると


a0279234_13302832.jpg

こうなります。笑


さらにひと振りすると


a0279234_13465947.jpg

こうなって


さらにさらに
一振りすると



a0279234_13305019.jpg

こうなります笑




仕事がつまんなくなって
遊んでしまった。。。




中街のデパートで買った紙のおもちゃ。



15元だと言い張られたけど、
10元にまけてもらって買いました。


子どもが欲しがったんじゃなくて、
この、桃が三つなってるのが可愛くて、
私が買って買ってとお願いしました。笑

  

夫も面白がって、
いいよ、と言ってくれたんですけど、


「こんなもん、五愛市場にいけば
1元で売ってるよ!!」


と、ぼやきながら
10元札を取り出す夫の余裕に、



感謝❤️



いま気まぐれに思いついたのですが、

これ、今から
オンラインショップ「私の中国雑貨店」で
zine「月下群像」を買ってくださった方への
特典プレゼントにします。



今だけ。
1名さまのみ、先着順です。



急げッ!⬇︎⬇︎




もちろん、本気です。



桃のフォルムに癒されたところで、
さあ、仕事しましょ。

a0279234_13305300.jpg



もらってくださった方とは
きっといい友達になれる気がする。

[PR]
by tania0418 | 2017-10-12 13:29 | Trackback | Comments(3)

国慶節おめでとう

連休中、チーパンシャンの近くで

友人がやっているキャンピングカーとか水上スキーを

レンタルできるお店に

どうも入り浸っている様子の夫。

そういえば

国慶節なのだった!


だらだらと釣りをしているところで

話しかけてきたので、

真冬が近い瀋陽の観光地の映像を見せてもらったら、

設備が

バブルだった。


a0279234_01463463.jpg

※本文とは関係ない愛媛県のおとといの空です。
中秋の名月、すばらしかったですね。

[PR]
by tania0418 | 2017-10-05 01:41 | Trackback | Comments(0)

ふと思いついたので

以前、気まぐれに呟いてはいるのですが

私、瀋陽に

日本人と中国人が共通の感覚で混ざりあう

カフェみたいな穴場な場所、

作りたいとずっと思っていまして。



日本語学びたいからとか、

中国語教えてほしいとか

ビジネスチャンス狙ってとか

そういうパワーバランス生じてしまう

目的意識高めの交流の場じゃなくて、


まあ、結果的にそうあってもいいんだけど、


個人的な興味でいいから、

共通したテーマや趣味、好きなもので

日中がつながる場所。



そこに来れば、自然と必要な情報や仲間に会えて

国境関係なく、人としてお互いから刺激をえられる

フラットな場所。



そこで、コーヒー出してもいいし

お店機能持つなら、

日中のだれでもいいから

かかわりたい誰かが順番こで

お店出すのもいいね。



こういうの、瀋陽にもすでにあるかな?

国際交流とかを目的にする場づくりは

なんとなくですが、やり尽くされた感じしますね。

私、別に、いいことしたいわけでもないし。


アートや写真、イラスト、なんでもいいんだけど、

人と人の純粋なつながりから

新しいものが生まれるような、

それが結果的に日中共同作業になっているかのような、

瀋陽にこそ、作りたい。

これって考え方が町おこし?笑

自分でもわからない。



でも、こういうのは、やっぱり現地妻だからこそ

しがらみなく

ほどよく入り込んで

できることかもしれないな、とも思うの。

いつになるかわからんけれども、

もし私が長期間滞在するようなことになったら

そこが、観光や駐在でいらっしゃる方の癒しの場になったり、

そこが、新しい中国のカルチャー発信の場になったり

日中が入り混じってなんか新しい商品が生まれたり、

そういう場所になったらいいなあーーー



なんて。夢。



こんなこと思うのは、

私が瀋陽で暮らしていた当時、

日本人コミュニティにもなかなか入りづらかったり、

かといって瀋陽コミュニティにも

入りきる勇気がなかったからですね。

自分が安心して過ごせる場所が、ほしかった。それだけ。

今なら、できると思う。

中国がかわりつつあることとも

関係あると思う。

うーん、やりたいな。

誰か一緒にやりません?笑

考え始めるとワクワクする夜更けです。



前回の滞在では、そう思っても

できない理由しか見つからなかったので

もし、またそんな時期がきたら、

今度は行動したいと思います。




夫の力を借りまくって!笑




と、この思いつきを夫に話したら



「その前にさ、住む家を見つけようよ」


と言われてしまった。

そうだった、私たち戻ったところで、

いまや住むところがないのだった。


瀋陽に帰りたいような、帰りたくないような。


[PR]
by tania0418 | 2017-10-03 23:23 | Trackback | Comments(5)

一番尊敬している中国人

私は、そもそも

中国にあまり興味を持ったことがなくって、

まさかそんな自分が、中国人の夫を持つことになるなんて

人生ってわかんないもんですね!

って常々思っているんですが。



実際に中国人の夫と

わりかし長い時間を過ごしてみて

いま

いま、今日、ここでですよ、


あの巨大な隣国の中で、

私が最も尊敬する、

15億人中トップに君臨する中国人というのは、



夫である



という私にとっての厳然たる事実。笑



のろけにとっていただいて

いいんですけどね。



夫ほど、やさしくて、心の広い人を

私は知らないんです。



これは別に、彼が何人だからっていうこととは

あんまり関係ないと思うんですが、


こういう心の広い、清らかな人が中国にいて、

私みたいな心の狭い、ちょっとせこい日本人と

一緒になってくれる

しかも、別居婚みたいな形で(いまは)

人生を歩んでくれていることに



感謝



しかありません。


夫は夫で、きっといろいろ思うこと

あると思います。

でも、ただの一度も

日本人だから、中国人だから、

という理屈を持ちだして何かを語り始めたり、

私の家族が中国に決して

理解がある人たちではないことについても

ただの一度も

文句や不満、侮辱するような行為を

目にしたことも、受けたことも

ありません。



すげえなあ。



「中国人なんかと一緒になったら勘当」

「子どもがかわいそう」


とまで言っていた私の家族に対してですよ、

なにを云い返すことも、

なにか行動が変化したりすることも

いっさい、なく。



耐えた、というのとも

ちょっと違います。


受け入れた、というのとも違う。



なんか、「俺は俺だから」

という圧倒的な自己肯定だけが

あったんだと思うんですねえ。




それはそれで誤解を呼ぶし、

まわりの友人や家族なんかも

理解に苦しんだりしたと思うんですけど、

それでも、いつでも「自分」を否定することも

過剰に評価することもなかった。

自分であり続けているんですよね、今日も。



家族の理解の狭さについては、

しょうがない、責めようがない

と、思っていたと思う。

ちゃんと聞いたことがないけれど。


当時は私も若かったので、

物事を批判的に見ることしかできず。

なかなかキツイ現実のなかで

何も変わらない夫に

逆に腹立たしく感じたりしたことも。



でも、すべて通りすぎてみれば、

どんなときでも自分を崩さない強さに

圧倒されることがあって、思わず


「15億人中、1番尊敬してます」


って、伝えてしまいます、本人に。

本気でそう思っているので。


そしたら、


「あ、そう?笑」


といって、まんざらでもない顔をして

嬉しそうに笑うんですよ。

なんでしょね。笑



夫がいなかったら、

私は、中国に興味を持っていないし、

夫を育んだ中国っていう国の奥深さ、

懐の深さ、面白さに

絶対、気付けてないんですよね。



私のなかでは、夫に対する尊敬がそのまま、

中国に対する尊敬に、つながっています。







101.png「わたしの中国雑貨店」zine「月下群像」発売中!



[PR]
by tania0418 | 2017-10-02 01:16 | Trackback | Comments(2)

思い出の瀋陽駅

a0279234_23230295.jpg
4月に上陸したときの瀋陽駅です。

このあたりも、ずいぶんスッキリしましたね。

(この日は雨模様の曇り空でした。PM2.5じゃないよ)



駅の改修もほぼ終了して、

みちがえるようになりました。

a0279234_23255282.jpg
a0279234_23255289.jpg
a0279234_23255256.jpg
これなんか、ほんと東京駅を彷彿とさせますね。

駅を入ったところの改札です。



瀋陽駅に特別な思いがあるわけじゃないんですけど、

ここを歩くと、じんわり思い出すことがあるんです。



人生ではじめて、瀋陽に上陸したとき、

あれは10年くらい前かしら、

夫が散歩にいこうと誘ってくれて、

夜の瀋陽駅の広場のあたりを歩いたんです。


その当時から、このあたりは

駅の改修工事がはじまっていて、

どっかんどっかんと古い石の舗装が掘り起こされるばかりで

あたり一面凸凹道がひろがっていたんだけど、


夜だったのもあって、

もりあがったブロックの上を飛び渡りながら、

ひょこひょこと歩いたのを

すごくよく覚えています。


なぜかというと、

夫が「あぶないよ」といって

手を持っていてくれたからです。


それが、嬉しかったんですね。


だって。日本だと

こういう危険な道に遭遇することが

もうないじゃないですか。


歩いているのが危ない、

ということを

想像することもちょっと難しい。



それなのに、瀋陽では(とくに当時は)

安全な道、平坦な道を見つけるほうが困難で。

あまりにも非日常的な環境に陥ったところで

夫との手つなぎ(ふたりとも20代ですよ)

も加わって、


”この人はなんてやさしいんだろう”


とひとりで夫を見直していたっていう

その感情のゆれを

実に昨日のことのように思い出せるのでした。笑



昨今の瀋陽駅周辺には

そんな面影のかけらも残っていないのですが、


あのころは、まだ車もそんなに

多くなかったし、

私たちも当然、タクシーののち、歩き。


歩いていたということも、

それだけ忘れ難い感情を残してくれた要因

なのかもしれないですね。



だから、瀋陽駅というのは

歴史的建造物という以前にですね、

私にとっては

いつ来ても

胸がキュンとする場所なのです。


a0279234_23460363.jpg

「わたしの中国雑貨店」ちょっとずつ品物更新しています。
zineもぜひ!



[PR]
by tania0418 | 2017-09-30 23:35 | Trackback | Comments(0)

瀋陽から遠ざかる日々です

秋ですね。


ざわざわと、心模様が落ち着かなかった

少し前とまた今日とでは、

風向きが違うような気がします。

瀋陽はもう、日本の真冬なみの

寒さではなかろうかと想像します。



近頃は、私のまわりの環境が激変しすぎてしまって、

瀋陽ネタに届く前に

半径3メートル以内のローカル地域ネタに

しばられっぱなし。

忙しい日々でした。

半年も瀋陽にいっていないから、

今度行くときの変化も大きいだろうなあ。




ところで、数か月前にさりげなくオープンした

「わたしの中国雑貨店」

もう覗いていただいていますか。

友人とつくったZINEを

より多くの方に届けるためにオープンしたのですが、

それだけではつまらないということで、


魯迅公園の骨董市をあるいてみつけた

雑貨も一緒に売ることにしました。


ちょっとずつ、品物を更新しています。



こうやって、好き勝手に

品物を並べてみますとね、

私っていったい、何に興味があるんだろう?

って思いますね笑

この筆箱なんかは、ジャケ買いといいますか、

優美な蝶蝶にやられました。

たんなる、缶の筆箱なんですけどね、

かわいいなあと思うんですよね。



また骨董市にいきたいなあ。

今度は紙ものをたくさん、買いたい。


夫といくと、私がほしいものについて

いちゃもんつけてくるから

一緒に行きたくないんですけど、

一緒に行かないと

下手すぎる中国語で値切りも

うまくいかないからって

絶対ついてくる。

本人ももしかしたら楽しんでいるのかもね。


でも絶対けんかになるんだよなあ・・・・



私たちが瀋陽に上陸するのは

このお正月になりそうです。






[PR]
by tania0418 | 2017-09-30 23:21 | Trackback | Comments(0)

瀋陽の新スポット・ワンシャンタンが気になる

今年の夏は、いろいろあって日本で過ごしております。

瀋陽に半年以上、行かないことがこれまでになかった

ことにきづく夏。



この春先の話題で恐縮ですが、

前回の瀋陽滞在で、初めて訪れた場所がありました。


というか、新しくオープンした商業施設で、

それまでになかったという話なんですけど、

なにせ、夫が

「鉄西区にワンシャンジャンの妹ができたんだよ」

というから気になる。


ワンシャンジャンといえば、青年大街ぞいの

あの巨大でダイナミックな外観の、

高級ブティックしか相手にしてない商業施設でしょう?


その妹って?弟じゃだめなの?笑


どっちでもいいんだけど、じゃあ、ワンシャンジャンの血筋ってことは、

それなりに楽しげな場所なんだね?


ということで、行ってみました。



行ってみたというより、そこに用事があって

呼び出されたんですけど。


a0279234_00113664.jpg
a0279234_00114212.jpg
a0279234_00115059.jpg
外観とるの忘れた・・・

開業しておよそ1年なんだね。

当時のニュース↓
http://sh.winshang.com/news-526872.html
※中国語サイト


ちゃんと歩きまわっていないけれど、

ここへやってきたのは、

実はこのビルの階上にあるオフィスにつとめる

友人のおさそい。


彼、なんと、瀋陽に上陸した

中国版ベネッセの瀋陽支店?にお勤め。


彼のうちには、死ぬほど

しまじろうグッズがあって、

おまけに妊娠中の奥さんには

ベネッセがプロデュースする胎教CD

聞かせまくっていました。


こんな社員さんが営業する教材は、

きっと誰かの役におおいに立つんでしょうね。



それにしても、

昨今の瀋陽、変化が大きすぎて。

今度もどるときには、

どういうことになっているんでしょうか。




「わたしの中国雑貨店」。
ZINE「月下群像」ほか、さりげなく骨董市で買い占めた物品ついかしてます。
要チェック! ↓






[PR]
by tania0418 | 2017-08-07 22:03 | Trackback | Comments(3)

ZINE「月下群像」販売スタートしました


おかげさまで、たくさんの方に
お問い合わせいただいています。

BASEでオンラインショップ作ってみました。

瀋陽在住のみなさんには、
私宛にメールくださったら
瀋陽へ行く時にまとめて持っていきます(笑)
お知らせくださいね。

<注文用メールアドレス>
tania@isis.ocn.ne.jp
※@マークを半角に




[PR]
by tania0418 | 2017-07-10 17:34 | Trackback | Comments(0)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

すっごくわかります。桁違..
by りえこ at 21:31
こんばんは! 先日..
by べーこん at 23:14
べーこんさん、はじめまし..
by tania0418 at 01:20
こんにちは! 突然..
by べーこん at 01:07
そうなのですね。我が家も..
by ayachima at 08:49
別居婚にちょっと飽きてき..
by tania0418 at 19:44
いいですね。面白そう! ..
by ayachima at 15:35
そうですか!ニーズがある..
by tania0418 at 23:41
そう思っている方、結構多..
by ayachima at 09:36
りえこさん!このたびはz..
by tania0418 at 23:22

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧