瀋陽の新スポット・ワンシャンタンが気になる

今年の夏は、いろいろあって日本で過ごしております。

瀋陽に半年以上、行かないことがこれまでになかった

ことにきづく夏。



この春先の話題で恐縮ですが、

前回の瀋陽滞在で、初めて訪れた場所がありました。


というか、新しくオープンした商業施設で、

それまでになかったという話なんですけど、

なにせ、夫が

「鉄西区にワンシャンジャンの妹ができたんだよ」

というから気になる。


ワンシャンジャンといえば、青年大街ぞいの

あの巨大でダイナミックな外観の、

高級ブティックしか相手にしてない商業施設でしょう?


その妹って?弟じゃだめなの?笑


どっちでもいいんだけど、じゃあ、ワンシャンジャンの血筋ってことは、

それなりに楽しげな場所なんだね?


ということで、行ってみました。



行ってみたというより、そこに用事があって

呼び出されたんですけど。


a0279234_00113664.jpg
a0279234_00114212.jpg
a0279234_00115059.jpg
外観とるの忘れた・・・

開業しておよそ1年なんだね。

当時のニュース↓
http://sh.winshang.com/news-526872.html
※中国語サイト


ちゃんと歩きまわっていないけれど、

ここへやってきたのは、

実はこのビルの階上にあるオフィスにつとめる

友人のおさそい。


彼、なんと、瀋陽に上陸した

中国版ベネッセの瀋陽支店?にお勤め。


彼のうちには、死ぬほど

しまじろうグッズがあって、

おまけに妊娠中の奥さんには

ベネッセがプロデュースする胎教CD

聞かせまくっていました。


こんな社員さんが営業する教材は、

きっと誰かの役におおいに立つんでしょうね。



それにしても、

昨今の瀋陽、変化が大きすぎて。

今度もどるときには、

どういうことになっているんでしょうか。




「わたしの中国雑貨店」。
ZINE「月下群像」ほか、さりげなく骨董市で買い占めた物品ついかしてます。
要チェック! ↓






[PR]
# by tania0418 | 2017-08-07 22:03 | Trackback | Comments(0)

ZINE「月下群像」販売スタートしました


おかげさまで、たくさんの方に
お問い合わせいただいています。

BASEでオンラインショップ作ってみました。

瀋陽在住のみなさんには、
私宛にメールくださったら
瀋陽へ行く時にまとめて持っていきます(笑)
お知らせくださいね。

<注文用メールアドレス>
tania@isis.ocn.ne.jp
※@マークを半角に




[PR]
# by tania0418 | 2017-07-10 17:34 | Trackback | Comments(0)

「月下群像」のお礼

HBギャラリーでの紙野夏紀さんの個展が

無事、終了しました。

たくさんの方にZINEも

手に取ってもらえたみたいで、

感謝、感謝です。

本当にありがとうございました!



個展に遊びにいったら、

ブログを読んでくださっている

瀋陽つながりのみなさんとも

お会いできたのかと思うと

すごいチャンスの逃しちゃったようで

残念な気持ちにもなるのですが、


瀋陽で会えるかもしれないですしね、


またこういう機会を作って

瀋をキーワードに

つながりの場を提供できたらと

思う次第です。


来場くださったみなさま、

紙野さん、ありがとうございました!



ブログもぼちぼち続けてまいります。

そろそろ5年目?なのかな、このブログ。

なんか、いい区切りになったなと

なぜか私も思います。


a0279234_00592218.jpg
さて、このZINEは
いまめっちゃ営業かけておりまして(笑)、
東京は蔦谷書店(一部支店)でも取扱いスタートです。
取扱い店がわかり次第、ブログでもご案内しますね。

私からも買えます。
声かけてくださいね!

=============

ZINE「月下群像」
希望小売価格¥1,400-+消費税(税込み¥1,512-)


瀋陽の街で出会った二人。
ライターの高田ともみとイラストレーター紙野夏紀がZINEを作りました。
中国の食・商売・結婚をテーマにしたエッセイ、ドローイング、
そして二人の瀋陽生活にまつわる対談を収録。
表紙は、レタープレス機(活版印刷)で一枚一枚手で刷りました。

=============



[PR]
# by tania0418 | 2017-07-03 01:03 | Trackback | Comments(0)

瀋陽を訪れたことのある方はぜひ →個展「月下群像」

HBギャラリーにて

イラストレーター紙野夏紀さん個展、

始まっています。


瀋陽を訪れたことのある方ならきっと、


つい、くすっと笑ってしまうような

見覚えのある景色、シーン、

あるある、瀋陽ってあるよな、こういうところ!

っていう共感、

絶対感じていただけると思う。


現地妻として暮らした私がいうので

間違いありません(笑)



瀋陽という街の片隅で、

イラストレーターがのぞいた世界は

なかなか見ごたえがあります。

少なくとも、切り取り方はやっぱり私とは違う。

世界の見え方って、ほんとうに

70億通りあるのかもしれない、と思いますね。



紙野さんといっしょに作ったZINEも

HBギャラリーにはどっさり並んでいます。


紙野さんとのご縁は、

もともとは、このブログがきっかけ。

ご主人の瀋陽行きが決まり、

”ふあん”に感じていたころ、

ブログを通じてコンタクトしてくださったのが最初です。

そんな出会いの経緯も

ZINEにつめこみました。


一緒にものづくりができたこと、

とっても嬉しくおもっています。

ZINEは、いずれここでも販売していきます。

ご希望の方はぜひ、ご一報くださいね。



個展は28日(水)までです。

紙野さんも26月以外はいらっしゃる模様。

お会いになったら、ぜひ

瀋陽話でもりあがってください。


どこに住んでたの? 

サマセット? え? 河畔?

あそこはいった? 温州城……(笑)


↓↓こちらのブログで、イラストの一部が見れますよー。

なんか一枚、ほしくなりますよね。私もどれか、購入予定です。人気作はお早めに。



[PR]
# by tania0418 | 2017-06-24 15:21 | Trackback | Comments(5)

中国での鉄道の旅

旅が好きというより、

空港や駅の、いろんな世界が入り混じる

独特の空気感が好きです。

春の滞在では、大連経由で瀋陽に入ったので

高速鉄道を使いました。

片道120元くらいだったかな、そんなに高くないですね。

夫がチケットをとってくれたのですが、

みなさんは鉄道での移動、どうやってチケットとってますか。




私んちのローカルな切符購入方法をシェアしますと、

パスポートを持って郵便局へ行き、

乗車日と目的地を伝えます。

このとき、夫は必ず私のパスポートしか、提示しません。

つまり、購入するのは必ず大人1枚。

夫が一緒なら、2枚ですね。


で、それを持って家族三人が乗り込みます。

常に娘と行動をともにする私は、

ドキドキしますよ。

だって、いくらなんでも、小学生の運賃がタダ!

なんてことないでしょ。

それでも、チケット一枚と

娘の手を引く私は、伏し目がちに

改札口を通過するのです。

(このタイミングで嫌な目にあったことはないですけれど。)

しかし、ここからが本番です。

だって、娘の座席は予約していないってことですから。

まさか、三時間近く膝の上で座らせるから無賃でお願い、

とでもいうのだろうか?ってことです。

しかも、です。

予約している座席番号では、家族が並びで座れない

こともあって、私たちはそそくさと、別の車両、

別の座席へと移動。

そして、誰も座っていない座席で、

踏ん反り返ってお弁当でも食べて過ごす……



なんてこと、生粋の日本人にできるわけないでしょっ!!



と、夫に問うてみるのだけど、アッサリ

「大丈夫だから」とのお返事。

ううむ、生粋の瀋陽人がいうなら仕方あるまい、と、

ここまできたら、と私は身投げするつもりで

すべてを任せるのです。



しかし、かつかつかつ、と近づいてくる車掌の足音。

近づき、チケットを見せろ、と無表情な一言。

どうせこうなるなら最初からチケット買っといてよ、

と、もう何度この感情味わったかしら。



しばらくして、車掌さんの目線が、娘へと落ちました。

「ちょっと、この子何歳?」

私は降参して財布を取り出そうとしてたんだけど、

夫はそれを制止して、

「8歳」

と堂々と答えておる。もう勘弁して。


ところが車掌さん、何をいいだすかと思ったら、

「ちょっと、お嬢ちゃん

こっちきて立ってみてくれる?」

その言葉にうながされ、通路側へと出た娘は、

車掌さんと並んで背くらべです。


「ふん。大丈夫そうね」


と、自分の制服の、

みぞおちあたりのボタンの位置を確認しながら、

娘がまだ120センチを超えていないことを

確認したのでした。




中国では、年齢制限というより、

身長制限で運賃が変わること、よくありますね。

幼稚園だというのに、小学生ほどの背丈もある子は

瀋陽には多いけれど、その辺はまあ、

勢いと客層であいまいに判断しているのかもしれない。



白状しますと我が子は、この当時まさに

121センチという、厳密には運賃が必要な背丈ではあったが、

車掌さんのいかにも目分量な判断が活き、

無料となったのでした笑

a0279234_23072894.jpg
a0279234_23075662.jpg
a0279234_23083281.jpg
そのときの、思い出の写真です。
車内サービスが回ってきて、お弁当の定番、
カップラーメンを堂々購入!
達成感いっぱいでおいしかった。笑


[PR]
# by tania0418 | 2017-06-18 23:02 | Trackback | Comments(0)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。 お問い合わせ、そのほかはこちらへ。ken76ya@hotmail.com


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

ayachimaさんも、..
by tania0418 at 19:17
イップさん、ありがとうご..
by tania0418 at 19:15
あ、ZINE拝見させてい..
by ayachima at 09:08
土曜日に息子と行ってきま..
by ayachima at 09:00
先ほど、瀋陽人旦那と共に..
by イップ at 13:14
ayachimaさん、あ..
by tania0418 at 00:40
興味津々です! 育児&..
by ayachima at 11:00
嬉しいー!!イップさん、..
by tania0418 at 16:23
瀋陽人旦那と東京在住で、..
by イップ at 12:30
ayachimaさん、あ..
by tania0418 at 00:59

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧