あのころ

瀋陽の街をぶらぶらしていると、


つい存在を確認してしまう店があって。


チェーン展開の小汚い肉まん屋さんなんだけど、


瀋陽に来たばかりでお金もコネもない頃、



「この店だったら、俺もできるかもしれない。頭金だけ用意して、あとは本社から食材と場所を提供してもらう。こういう店、いますごく売り上げ出るんだよ。問題は人件費だね、俺もやるけど、朝はお母さんにキッチンに入ってもらって……」



と、美味しいとも思わない


肉まんとお粥をかきこみながら、


夫のビジネスプランを黙って聞いていたのを


思いだします。


私は皿洗いしようかなとか思いながら。



結局、肉まん屋さんにはならなかったのだけど、


あのころ何軒かそういう店を回って、


どのくらい資金がいるか、


どうやって回していくか、


結構真剣に考えていました。



そして、5年たつ今日も、


その肉まん屋さんはまだあった。


相変わらず汚くて、


もう入ろうとも思わない店のひとつに


なっちゃったけど、


入れ替わりの激しい瀋陽で、


未だに同じ場所で肉まんを提供しているって、


やっぱりすごいと思う。




でも、今やっぱり胸を締め付けられるなは、


あのとき、張くんはとても真剣だったこと。


肉まん屋さんでもなんでも、


まずかろうとなんだろうと、


一生懸命に私と娘を守る道を探っていたということ。



だから、私には、


まだその肉まん屋さんがあることが


夫の成功そのもののようにも思えて、


見つけるたびにほっとして


泣きそうになります。


a0279234_20285342.jpg



[PR]
# by tania0418 | 2017-12-30 20:25 | Trackback | Comments(0)

2017年の締めくくりに

もうすぐ2017も終わる!

というところで、瀋陽に来ています。

瀋陽に到着した翌日には

夫の友人の実家で

豚をシメて食べる

というので、やってきました。
a0279234_13225540.jpg

a0279234_13230000.jpg

a0279234_13230547.jpg

吉林省の近く、西豊という農村エリア。

山の向こうは吉林省なんだって。

夫の親戚がいる瀋陽近くの農村よりも、

何もない感じがします。

いや、冬なのでさらに

何も動いていない感じがするだけなのかも。

昨日は、ここのお家へ宿泊しました。

かまどで熱を送るオンドルが

めっちゃ熱い!

眠れない夜を過ごしまして、

今日は、いよいよ、豚を殺して食べる

ということになりました。

朝から、ドキドキして

なんだろうこの感覚…………


………


………


………


というわけで、

その一部始終を、

たったいま全て見終わりました。

感無量です。

台所では、女たちが料理に忙しく、

子どもたちは、この寒いのに外で走りまわってます。


まだ、言葉にならないことが多く

写真も生々しいので、

また、ゆっくり記録しようと思います。

a0279234_13283245.jpg

a0279234_13283975.jpg

a0279234_13284853.jpg
a0279234_13300147.jpg


[PR]
# by tania0418 | 2017-12-28 13:21 | Trackback | Comments(0)

春節までに

本、出すよ。


と、言い続けて、3年経ちました。

この時間は、

私の迷いだったり、

不安だったり、恐怖だったり、

そんな全部だったりします。



勢いと熱意だけで原稿を書いて、

ここ!と狙いを定めて

企画書と一緒に送りつけたのは、

瀋陽から帰国して半年が過ぎるころ。



私が知ってる、見てきた中国について

語られていないことのほうが多すぎて、

そっから生まれる日中間の誤解のほうが巨大で、

これは発信したい!する価値がある!

と、もー鼻血が出そうなくらい

思ったんです。



編集やライターはいくらでも経験があるけど、

自分が著者として何か一遍書き上げるなんて

もちろん初めてのチャレンジだったし、

ドキドキワクワク以上に

「恐怖」

でした。



でも、そんなのを全部ふりはらって、

もう、誰に言われるでもなく!!

原稿をまとめ、

ドキドキしながら送りつけたところ

お返事は以下。↓



「面白いと思うが、
無名の著書はこちらも売りづらい。
電子書籍でなら」


無視されなかっただけでもラッキー!!!

と前向きに捉え、

私は、「お願いします!」

と即答しました。



だって、出さないことには

始まらない。形にこだわってるヒマないと

思いました。



自分が本を書きたい


という気持ちは本物です。

でも、それが多くの人の役に立つかどうかについては

超絶、自信がない。

本を書く人の

ある意味での神経の鈍さを想像すると

自分との間には

もう巨大で、超えられない分厚い壁があるのを

感じました。



追い討ちをかけるようにですね、

話はそこから全然すすみませんでした。



2年もすぎるとね、連絡もまだらになって

そのうち時間だけがすぎていくんです。

私も出版社にいたことあるからわかるけど、

"原稿って、こうやって葬られていくんだよね…"

と、かつて私が葬った新人さんの原稿たちの呪いが

今頃復讐しにきたみたいに思えたよ。



ほんで、もうほとんど、諦めてたんです。


勢いで書いたものだし

そもそも本を書きたいなんて思ってる

私がダメだよね、甘いよね、クソだよね。

はい、もう忘れよう、次いこう………(心で号泣)

って、本心で思ってたかどうかは

わかりませんですが笑


a0279234_08584336.jpg

3年たって、ようやくここまで来たことについて

この時間、たぶん私に必要だったんだな、

と思います。



「初校をあげるのに、時間がかかってしまいすみません。産休に入ってしまって、、」

担当編集者さんから去年、突然連絡が来た時には

あまりに不意打ちすぎて、

一瞬、新種のオレオレ詐欺かと思いましたよ。


ジワジワとこみ上げるあのときの気持ち。

目に見えないもの

自分の脳みそでは考えもつかない力こそが、

人生に豊かさを生み出す源泉なのだと、

このとき、心底思いましたね。



そこから、本当に本作りが始まりました。

電子書籍で、という当初の話は、

担当編集者さんのススメもあり

紙の本で出すことにもなりました。

自力だけであがいていた頃には、

想像つかなかった展開です。


読み返しているとね、

3年も経ってしまって、

もう変わってしまった瀋陽の風景や事象もありますし、

今頃、出していいのかとも思います。



でも何度も読み返してみるんだけど、


や、やっぱり、おもしろい………


んです笑。

ちょっとさすがに熱量高すぎて

独りよがりなところたくさんありましたけれど、

何度か修正を重ね、今は、はっきり言って

読んでもらう価値のある原稿になったと

思っています。
a0279234_09462933.jpg

見捨てずにいてくださった

出版社さん、担当編集者さん

ありがとうございます。

そして、諦めなかった私にも。

a0279234_09170519.jpg

タイトル : 中国的「今を生きる」生活。

出版社 : 書肆侃侃房

地方の出版社ながら

芥川賞候補作など

たいへん質の高い文芸書を送り出している

出版社です。


私が瀋陽で学んだこと、

中国に教えてもらったこと、

言葉足らず、理解不足もふくめて、

3年前に書きたい!と思った気持ちのまま

まとめました。

(担当のIさん、ここまでありがとうございます!)


春節までに、なんとかお届けします。

どうか読んでください。

[PR]
# by tania0418 | 2017-12-20 08:46 | Trackback | Comments(1)

サンザシはお好きですか

みなさん、サンザシって知ってます?

山査子、と書くのね。

中國ではおなじみですよねえ。

円盤狀のものやスティック狀になった

おやつ?  

ドライフルーツふうの砂糖菓子というのかなあ、

甘酸っぱくて、一枚食べると5〜6枚は止まらないです。
a0279234_23112875.jpg

お土産ネタが続きますが、

これも夫が買ってきてくれました。

私、これ好きだったんですよ。。

前回の帰国では、量り売りしてくれる

市場で購入して少しだけ日本に持ち込みました。

市場で買うと、安いし、若干、鮮度がいいかな。

雑味が少ないというか。

今回のこちらは、いかにも大量生産の味がしました。笑
a0279234_23131391.jpg

そもそも、山査子って

漢方的にとても優秀な植物なんですってね。

ブリタニカ百科事典によれば

「中国産のバラ科の落葉低木」

ということで、庭木にもよく見られますが、

中国産のサンザシの木の実は、

デカイよね?笑

生のものは食べたことがないけれど、、。

効能としても、

消化改善とか脂肪燃焼、血行促進など

けっこう優秀なのだそうです。

中国って、なんだかんだ東洋医学をベースに

食生活ができてる。

で、夫は、私が好きだから、というより

「これね、消化にいいから」

✖️100回くらいは言って

買ってきてくれたんですね。

a0279234_23253943.jpg

こんなに、いらないんだけど。笑

量を考えてほしいんだけどなあー

そこは絶対聞き入れないのが瀋陽人なのか

夫の性格なのか、謎は深まるばかりです。

よかったら、どなたかおすそ分けしますヨ

[PR]
# by tania0418 | 2017-11-28 18:00 | Trackback | Comments(0)

期待しないことの大切さ

おみやげネタが続きますが、

夫は、私へのおみやげには力を入れない代わりに、

娘へは愛情こめて、たっぷり選びます。


今回はね、なんと

中国版レゴブロックのお店やさんシリーズ、

それも、4箱!

でした。笑。

数が多くないか?

これも、瀋陽人の気質ですか?

それとも、夫の性格ですか?

わからんなー。



金額的にはね、まあ、レゴブロックのパクリ商品ですから、

一個50〜60元(約1000円)くらいなもんですよ。

だからまあ、4つで

リカちゃんハウス一個買うよりは、

まあ、いいかもしれない。


お父さんが4箱積み上げるのを見たら、

娘もそりゃあテンションあがるよね。

本人、このシリーズが結構すきなのもあって、

飛び上がって喜びましたよ。
a0279234_23282654.jpg


で、早速黙々と作ってます。

すでに2店が完成。

なかなかの見た目ですよ。


さて、このような

部品の細かい中国製おもちゃを買うと

何が起こるかっていうと、


ほとんどの場合

「部品の内容・数と、説明書に書いてあることが一致しない」

ってことが起こります。



今回も、未開封の部品が残りました。笑

予備として余分に入っている部品ともまったく別の、

どこにも活躍の場がなかった部品です。

このシリーズについては

毎度のことなのですが、面白いです。

a0279234_23344289.jpg

で、いつも思う。

中国って、すごいなーって。


日常で、自分を鍛えられている気がするからです。


つまりは、自分以外のことについて

いちいち「期待しない」ってこと。


頼れるのは、自分の感覚、感性。


こういう精神って、わたし、大事だと思うな。



相手のことを思って(あるいはトラブル回避のために)

懇切丁寧に、とにかく正確に事細かく説明してしまう

日本の国民性はもちろん、愛おしく感じるけれど、


しょーがないじゃん

あはは、間違ってるね

なんだこれ、おもしろー


って済ませてしまえるって、

わたしはとっても豊かなことだと思うんだよなあ。


って、思えるようになったんだよなあ


が正確な文章ですけれども。笑



あまりにも不良品の場合は、返品すればいいんです。

でも、なんとなく中国製って

中途半端に間違ってるパターンのほうが多いような気がする。

たぶん、工場の人たち、マネージャーのいない合間に

携帯いじりながら箱詰めしてんだと思うよ!笑



というわけで、久しぶりに

テキトーな中国製品に触れて、なんだかホッとしたのでありました。





[PR]
# by tania0418 | 2017-11-24 12:10 | Trackback | Comments(0)


フリーランスの編集・ライター。夫の故郷、遼寧省瀋陽市での、食、子育て、仕事。瀋陽の骨董市で見つけた雑貨を「わたしの中国雑貨店」にて販売。https://mychina.thebase.in/


by tania0418

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

おめでとうございます‼︎..
by Yuzu at 02:46
共感ありがとうございます..
by tania0418 at 00:01
すっごくわかります。桁違..
by りえこ at 21:31
こんばんは! 先日..
by べーこん at 23:14
べーこんさん、はじめまし..
by tania0418 at 01:20
こんにちは! 突然..
by べーこん at 01:07
そうなのですね。我が家も..
by ayachima at 08:49
別居婚にちょっと飽きてき..
by tania0418 at 19:44
いいですね。面白そう! ..
by ayachima at 15:35
そうですか!ニーズがある..
by tania0418 at 23:41

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧